コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタイ[山脈] アルタイ

百科事典マイペディアの解説

アルタイ[山脈]【アルタイ】

ロシア,モンゴル,中国にまたがる山系。漢字では阿爾泰山。南東のゴビ砂漠から北西の西シベリア低地まで約2000kmにわたり,モンゴル・アルタイ,ゴビ・アルタイ,本来のアルタイの三つに分かれる。
→関連項目オゴタイ・ハーン国オビ[川]ジュンガルシルクロード天山山脈突厥

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルタイ[山脈]【Altai】

西シベリア南東部からモンゴル高原へ北西~南東にのびる全長約2000kmの山脈。モンゴル・アルタイ,ゴビ・アルタイ,ロシア・アルタイに大別される。モンゴル・アルタイは中国ジュンガル(準噶爾)盆地の北を走り,最高峰は中国側のナイラムダール(友誼峰,4374m)。その付近のモンゴル側のフィティン峰(4370m)はモンゴルの最高峰。山麓は半砂漠,2000~3000mには高原状の草原,山頂付近には氷河(最大は全長約20kmのポターニン氷河)がみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報