アルタイ[山脈](読み)アルタイ

百科事典マイペディアの解説

アルタイ[山脈]【アルタイ】

ロシア,モンゴル,中国にまたがる山系。漢字では阿爾泰山。南東のゴビ砂漠から北西の西シベリア低地まで約2000kmにわたり,モンゴル・アルタイ,ゴビ・アルタイ,本来のアルタイの三つに分かれる。中国・モンゴル国境稜線上の最高峰は友誼峰(モンゴル名フィティン,4374m)。アルタイとはモンゴル語で〈金の山〉の意。金,鉄,水銀など鉱物資源が豊富。ロシア・アルタイ地方の山脈は生物多様性に富むため,1998年世界自然遺産に登録された。
→関連項目オゴタイ・ハーン国オビ[川]ジュンガルシルクロード天山山脈突厥

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルタイ[山脈]【Altai】

西シベリア南東部からモンゴル高原へ北西~南東にのびる全長約2000kmの山脈。モンゴル・アルタイ,ゴビ・アルタイ,ロシア・アルタイに大別される。モンゴル・アルタイは中国ジュンガル(準噶爾)盆地の北を走り,最高峰は中国側のナイラムダール(友誼峰,4374m)。その付近のモンゴル側のフィティン峰(4370m)はモンゴルの最高峰。山麓は半砂漠,2000~3000mには高原状の草原,山頂付近には氷河(最大は全長約20kmのポターニン氷河)がみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android