コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルタミラ洞窟 アルタミラどうくつAltamira

翻訳|Altamira

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルタミラ洞窟
アルタミラどうくつ
Altamira

スペイン北部カスティリアラビエハ地方のサンタンデル県にある後期旧石器時代の原始絵画のある洞窟遺跡。この遺跡の壁画は旧石器時代の絵画の最初の発見 (1879) 例であるとともに,きわめて保存がよく,写実的に描かれていることで著名である。その絵はオーリニャック期 (→オーリニャック文化 ) およびマドレーヌ期 (→マドレーヌ文化 ) にわたるが,大部分はマドレーヌ第4,5期のものである。野牛,イノシシ,ウマ,シカなどが赤と黒を主体とした彩色で生き生きと描かれている。 1985年世界遺産の文化遺産に登録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

アルタミラどうくつ【アルタミラ洞窟】

〔Altamira〕 スペイン北部、サンタンデル市の西にある洞窟。1879年発見。動物を描いた旧石器時代後期の壁画がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルタミラ洞窟
あるたみらどうくつ
Altamira

旧石器時代の絵画で有名な洞窟。スペイン北部、サンタンデル西方サンティヤナ・デル・マールにある。1879年、地元のサウトゥーラの5歳の娘が天井壁画を発見したが、これが旧石器時代の絵画として認められるには、フォン・ド・ゴームなど他の洞窟絵画が発見されるのをまつなど20年以上を要した。20世紀の初め、フランスの神父で考古学者のブルイユは、オーリニャック期から始まり、単彩の絵はマドレーヌ文化前期、多彩色の大天井壁画はマドレーヌ文化後期と編年した。その後フランスのルロア・グーランは洞窟内絵画全体を考察し、その年代を訂正した。彼によれば、洞窟は神域のような「聖所」として使用されたと考えられるが、使われ始めた初期のころ(ソリュートレ文化~マドレーヌ文化前期)に奥部にある黒線画が描かれた。ついでマドレーヌ文化中期、入口部に近い所にある多彩色の大天井壁画が描かれ、さらにマドレーヌ文化後期には奥部にマンモスを伴ったウマ、バイソンの構図が描かれた。この図案はより北方からの影響を受けたと考えられる。このマンモスはスペインにおける唯一例である。なおマドレーヌ文化前期層は放射性炭素C‐14によって、1万3500年前の年代が与えられた。この洞窟は1985年、世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[山中一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルタミラ洞窟の関連キーワードアルタミラ洞窟と北スペインの旧石器時代の洞窟画サンティリャーナデルマルエミール カルタイヤックカンタブリア自治州クロマニョン人マンモスゾウスペイン美術カルテラックスペイン史歪曲遠近法日比野克彦ラスコー原始美術岩壁画蜂蜜書籍洞穴

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android