コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルピーノ Arpino, Giovanni

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルピーノ
Arpino, Giovanni

[生]1927. ポーラ
[没]1987/1988
イタリアの小説家。日常の些細な事件を糸口として,それが現代人の心理の深層によどませている影,不安,罪の意識などを劇的に描き出す。主著『誇り高き犯罪』 Delitto d'onore (1961) ,『丘の影』L'ombra delle colline (64) ,『闇と蜜』 Il buio e il miele (69) ,『20年間の短編集』 Racconti di vent'anni (74) ,『月の最初の四半分』 Il primo quarto di luna (76) など。

アルピーノ
Arpino

イタリア中西部,ラツィオ州フロジノーネ県の町。ローマ東南東約 95km,リリ川左岸に位置する。アペニン山脈西麓の町。前5世紀頃ボルスキ人の重要な拠点であったが,前 305年ローマ人に征服された。キケロや G.マリウス誕生の地で,古代ローマの城壁が残っている。中世にはランゴバルド人の支配下におかれ,中世の城も残っている。おもな産業は農産物の加工,毛織物工業。人口 7811 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルピーノ【Giovanni Arpino】

1927‐87
イタリアの作家。ピエモンテ地方出身。現在もトリノに在住。ビットリーニの推挙で,1952年処女作を発表。長編小説のほか,詩集,劇作,短編集など作品は多い。社会的な主題と内省的な文体で,現代に生きる不安を追究する。代表作に《若い尼僧》(1958),《丘の上の影》(1964),《放浪の主人公》(1972)がある。ほかに児童文学《イタリア千一話》(1960),《列車襲撃》(1966)などがある。【米川 良夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルピーノ
あるぴーの
Giovanni Arpino
(1927―1987)

イタリアの小説家。妥協やごまかしを拒んだ主人公がおのれの存在理由をつかみ取って生きようと決意するまでを描いた『若い修道女』(1960)で認められた。第二次世界大戦後の混迷を深める社会のなかで、根なし草のように生きる人間の苦悩と自己回復の試みを描き続けるアルピーノの姿勢はとくにストレーガ賞受賞作『丘の影』(1964)に顕著である。ほかに『青い闇(やみ)』(1977)などがある。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アルピーノの関連キーワードチェザーリ1月27日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android