コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルーシャ アルーシャ Arusha

4件 の用語解説(アルーシャの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルーシャ
アルーシャ
Arusha

タンザニア北東部の商業都市アルーシャ州の州都。キリマンジャロ山の南西約 80km,メルー山山麓の標高 1350mの高原に位置する。年平均気温 23.3℃,暑い日でも 30℃をこえることは少なく,しのぎやすい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アルーシャ(Arusha)

タンザニア北東部の都市。アルーシャ州の州都。メルー山南麓、標高約1400メートルの高原に位置する。ダルエスサラームタンガ、およびケニアモンバサと鉄道で結ばれるサイザル麻コーヒーの集散地。1967年、ニエレレ初代大統領アフリカ社会主義を提唱し、アルーシャ宣言が採択された。また、東アフリカ共同体の本部が置かれる。セレンゲティ国立公園キリマンジャロンゴロンゴロ保全地域への観光拠点。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アルーシャ

タンザニア北東部,同名州の主都。キリマンジャロ山麓にあり,インド洋岸のタンガと鉄道で結ばれる。コーヒー・プランテーションがあり,牧畜も行われる。1967年のアルーシャ宣言の採択地として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルーシャ
あるーしゃ
Arusha

アフリカ南東部、タンザニア北部のメルー山南麓(なんろく)にある都市。人口16万5700(2002推計)。ダルエス・サラームからの鉄道の終点で、近郊にキリマンジャロ国際空港がある。ケニア国境にも近く、セレンゲティ国立公園を巡る観光の中心である。かつては東アフリカ共同体の政庁が置かれていた。しばしば国際会議も開催される。1967年2月、アフリカ社会主義を提唱した「アルーシャ宣言」で有名である。[赤阪 賢]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルーシャの関連キーワードカンザスシティーシニャンガムソマムワンザメルー山モシアザニアフロントルーテル教会アルーシャ国立公園キルワムプルング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アルーシャの関連情報