アルーシャ(英語表記)Arusha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルーシャ
Arusha

タンザニア北東部の商業都市。アルーシャ州の州都。キリマンジャロ山の南西約 80km,メルー山山麓の標高 1350mの高原に位置する。年平均気温 23.3℃,暑い日でも 30℃をこえることは少なく,しのぎやすい。周辺の肥沃な農業地帯で産するコーヒー,サイザルアサジョチュウギクパパイアなどの集散地マニャラ湖セレンゲティ国立公園ンゴロンゴロ自然保護区などへの観光基地でもあり,東アフリカ観光の中心地の一つ。人口8万 8155 (1978推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アルーシャ(Arusha)

タンザニア北東部の都市。アルーシャ州の州都。メルー山南麓、標高約1400メートルの高原に位置する。ダルエスサラームタンガ、およびケニアのモンバサと鉄道で結ばれる。サイザル麻、コーヒーの集散地。1967年、ニエレレ初代大統領がアフリカ社会主義を提唱し、アルーシャ宣言が採択された。また、東アフリカ共同体の本部が置かれる。セレンゲティ国立公園キリマンジャロンゴロンゴロ保全地域への観光拠点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アルーシャ

タンザニア北東部,同名州の主都。キリマンジャロ山麓にあり,インド洋岸のタンガと鉄道で結ばれる。コーヒー・プランテーションがあり,牧畜も行われる。1967年のアルーシャ宣言の採択地として知られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アルーシャ
あるーしゃ
Arusha

アフリカ南東部、タンザニア北部のメルー山南麓(なんろく)にある都市。人口16万5700(2002推計)。ダルエス・サラームからの鉄道の終点で、近郊にキリマンジャロ国際空港がある。ケニア国境にも近く、セレンゲティ国立公園を巡る観光の中心である。かつては東アフリカ共同体の政庁が置かれていた。しばしば国際会議も開催される。1967年2月、アフリカ社会主義を提唱した「アルーシャ宣言」で有名である。[赤阪 賢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルーシャの関連情報