コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アレクセイ・ミハイロビチ アレクセイミハイロビチ

2件 の用語解説(アレクセイ・ミハイロビチの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

アレクセイ・ミハイロビチ

ロシア皇帝(在位1645年―1676年)。ミハイル・ロマノフの子。ピョートル1世の父。ウクライナを併合,農民の農奴化を進め,ラージンの乱を鎮圧。総主教ニコンと争ってその改革を阻止し,帝権を強化した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アレクセイ・ミハイロビチ
あれくせいみはいろびち
Алексей Михайлович Aleksey Mihaylovich
(1629―1676)

ロシア皇帝(在位1645~1676)。ロマノフ朝初代ミハイル帝の長男として誕生(3月19日)。治世の初め、重税を課したため、モスクワ(1648)など諸都市に一揆(いっき)が頻発した。それを機会に招集されたゼムスキー・ソボール(全国会議)において作成された「会議法典」(1649)のなかで、農奴制が法的に完成した。封建的搾取の強化の結果は、大規模なステンカ・ラージンの乱となった。工業活動を奨励し、商人を保護した。正教の分裂を招いたニコンの教会改革を利用して、教権に対する帝権の優位を確立した。積極的な対外政策をとり、ポーランド、スウェーデン、トルコと戦い、ウクライナを併合した。1676年1月29日に急死した。[伊藤幸男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アレクセイ・ミハイロビチの関連キーワードウェスパシアヌスジギスムントツァーリフランツアレクサンドルイワン虚無党ピョートル皇帝円舞曲シューベルト:英雄的大行進曲 イ短調/1 piano 4 hands

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone