アンツーカー

精選版 日本国語大辞典「アンツーカー」の解説

アン‐ツー‐カー

〘名〙 (en-tout-cas もとフランス語で、晴雨兼用傘の意) 陸上競技場のトラックやテニスコートの表土に用いるれんが色の人工土。また、これを敷いた競技場。元来は、この人工土を敷いた全天候型テニスコートをさす商標名。
※アカシヤの大連(1969)〈清岡卓行〉一「針金のネットに激突して、そこからアンツーカーに落下して死んでしまった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android