コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハニ

デジタル大辞泉の解説

はに【×埴】

きめの細かい黄赤色の粘土。瓦・陶器原料。また、上代には衣にすりつけて模様を表すのにも用いた。赤土。粘土(ねばつち)。へな。はにつち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はに【埴】

きめの細かい黄赤色の粘土。古代は、これで瓦や陶器を製し、また丹摺にずりに用いた。あかつち。へな。はにつち。 「 -もて物作る人ありて/即興詩人 鷗外」 「海の底に入り、底の-を咋ひ出でて/古事記

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

埴の関連キーワードブルーム(Robert Broom)岡山県高梁市石火矢町厠の神・廁の神埴原 久和代飯豊青皇女埴物・土物広野 三郎埴瓮・埴瓫埴原久和代馬山古墳群武埴安彦命埴生の小屋埴土・粘土磐余の池フートン即興詩人稚産霊神松岡恕庵榛名神社浅見隆三

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

埴の関連情報