コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントシアニン アントシアニンanthocyanin

翻訳|anthocyanin

5件 の用語解説(アントシアニンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントシアニン
anthocyanin

アントシアンという青色の花の色素群 (普通酸性溶液中で紅色,アルカリ性溶液中で青色) のうち,配糖体となっている物質の総称。色素本体はアントシアニジン,それが糖と結合した配糖体がアントシアニンで,両者の総称がアントシアンである。アントシアニジンはフラボノイドに属する数種の環式化合物で,水酸基を多くもち,糖部分は各種の単糖または二糖類で,水酸基の特定の位置のものに結合している。糖とともに p-クマール酸か p-オキシ桂皮酸のような芳香族有機酸がついているものもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アントシアニン(〈ドイツ〉Anthozyanin/〈英〉anthocyanin)

植物色素アントシアンのうち、アントシアニジンに糖が結合した配糖体

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

アントシアニン

植物色素であるアントシアンが色素配糖体(色素本体に糖がついたもの)の形態をとったものをいう。糖の結合のしかたの違いにより,色素本体よりずっと多くの種類を生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

アントシアニン【anthocyanin】

ポリフェノールの一種。ブルーベリーやぶどう、赤じそ、なす、さつまいもの皮などに含まれる青紫色の色素成分。強力な抗酸化作用があり、目の機能を向上させ、血圧上昇を抑制する働きをもつほか、活性酸素の抑制、肝機能改善、毛細血管保護、血小板凝固の抑制、動脈硬化などの生活習慣病予防などの効果があるとされる。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

世界大百科事典内のアントシアニンの言及

【アントシアン】より

…マーカートL.C.Marquartがヤグルマギクの花の青い色素をギリシア語の花anthosと青いkyanosを表す言葉からアントシアンと名付けたのに始まる(1835)。この一群の色素はほとんどすべて配糖体として存在し,色素の本体であるアグリコン部分はアントシアニジンanthocyanidin,その配糖体をアントシアニンanthocyanin,また両者をとくに区別しないときにアントシアンと呼んでいる。その構造の決定はドイツの化学者ウィルシュテッターR.Willstätterの研究に負うところが大きくヤグルマギクからシアニンcyanin,さらにペラルゴンpelargon,デルフィニンdel‐phininが分離された。…

※「アントシアニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アントシアニンの関連情報