コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アントファガスタ アントファガスタ Antofagasta

5件 の用語解説(アントファガスタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アントファガスタ
アントファガスタ
Antofagasta

チリ北部,太平洋にのぞむ港湾都市海岸山脈急斜面をなしてモレノ湾にのぞむ地点にあり,同湾が天然の良港をなすとともに,大規模な防波堤で囲まれた人工港が建設されている。アタカマ砂漠の西部にあたる乾燥地帯にあり,雨がほとんど降らず,北東約 200km,アンデス山麓のロア川にのぞむカラマから水道が引かれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

アントファガスタ(Antofagasta)

チリ北部、太平洋岸に面する港湾都市。アントファガスタ州の州都。チリが硝石(しょうせき)資源をめぐり、ペルーボリビア同盟との間で行った太平洋戦争に勝利した結果、1884年にボリビアから割譲された。豊富な鉱物資源の積出港として発展。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アントファガスタ

チリ北部,太平洋岸の港湾都市。銅,銀,スズ,チリ硝石の輸出港として知られる。1879年までボリビア領。ボリビア,アルゼンチンと鉄道で連絡する交通の要地。付近一帯はアタカマ砂漠で,350kmの水道でアンデス山脈から水を引いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

アントファガスタ【Antofagasta】

チリ北部の港市。北部最大の都市で,人口23万6730(1995)。1879年まではボリビア領であったが,ペルー,ボリビアに対する戦争を経てチリ領となる。アタカマ砂漠におけるチリ硝石の採掘の拡大とともに発展した。今日では硝石に代わって銅の生産が盛んとなり,その輸出港として,また鉱山への物資流通の中心地として重要な役割を果たしている。北東約250kmには世界有数の銅山チュキカマタ鉱山が,北にはマントス・ブランコス銅山があり,さらに未開発の大銅鉱脈を抱える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アントファガスタ
あんとふぁがすた
Antofagasta

南アメリカ、チリ北部にある太平洋岸の港市。チリ第2地域(アントファガスタ)の首都。人口29万8153(2002国勢調査速報値)。対ペルー・ボリビア戦争(太平洋戦争とよばれる)でのチリの勝利によってボリビアから1884年に割譲された。周辺にチリ硝石の主要産地があり、その積出し港として栄えた。硝石産業の衰退後、北東約250キロメートルにある世界最大の露天掘り銅山チュキカマタからの銅の積出し港となり、またチリ北部の経済の中心都市ともなっている。アルゼンチン、ボリビアに鉄道が通じている。[細野昭雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアントファガスタの言及

【太平洋戦争】より

…南アメリカの太平洋沿岸地域が戦場となったのでこの名がついている。現在のチリ北部のアタカマ砂漠地帯のタラパカ,アントファガスタ地方は,それぞれペルー,ボリビア領であったが,硝石,グアノ,銅などの鉱物資源に富み,しかも当時チリと接していたアントファガスタ南部は,19世紀初頭のスペインからの独立以来国境線が未画定で,これらの資源が主としてチリ人によって開発されていたため,紛争が絶えなかった。このため1873年,ボリビアはチリと条約を結んで国境線を画定し,この国境線より北の一部地域で操業するチリ硝石会社への課税を強化しない旨約束し,と同時にチリの力を恐れて極秘密のうちにペルーと対チリ相互防衛協定を結んだ。…

※「アントファガスタ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アントファガスタの関連キーワードイキケエンゼリーカラマシャウリャイハイフォンフローニンゲンアグラ瀬戸内バンダレアンザリーフレンチ警部最大の事件

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アントファガスタの関連情報