アーマルコ石(データノート)(読み)あーまるこせきでーたのーと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アーマルコ石(データノート)
あーまるこせきでーたのーと

アーマルコ石
 英名    armalcolite
 化学式   (Mg,Fe2+)Ti2O5またはMgFe2+Ti4O10
 少量成分  Al,Cr,Ca,V,Mn,Zr
 結晶系   斜方(直方)
 硬度    <5
 比重    4.00
 色     黒
 光沢    金属
 条痕    未記載
 劈開    未記載
       (「劈開」の項目を参照)
 その他   Mg>Fe2+相もMg<Fe2+相も同一名称。端成分が知られていないので,このような処置(定義)が採用されている

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android