コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イエズス会日本年報 イエズスカイニホンネンポウ

3件 の用語解説(イエズス会日本年報の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イエズスかい‐にほんねんぽう〔‐クワイ‐〕【イエズス会日本年報】

布教のため来日したイエズス会士によって毎年作成された報告書。天正7年(1579)にバリニャーニが年報の形式とし、日本の政治情勢、教会の状況、各地のようすなどが報告された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

イエズスかいにほんねんぽう【イエズス会日本年報】

1579年(天正7)来日したイエズス会インド管区巡察師A.バリニャーノは従来の日本通信(《耶蘇会士日本通信》)の制度を改め1年に一つの公式の年報報告をローマに送る日本年報の制度を確立し,同年最初の年報が彼の指導によって作られた。これは個人の書簡と異なって印刷されることを前提にし,その内容はまず日本の政治状況,キリスト教界の現況およびイエズス会の動向,次に同会の布教機関(カーザとレジデンシア)がある土地,下(しも)・豊後・都地方についての布教報告からなるが,この各地の報告にはヨーロッパキリスト教徒の教化に裨益(ひえき)する事例が多く採られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

イエズスかいにほんねんぽう【イエズス会日本年報】

日本に在留しているイエズス会士による1579年以降の年次報告書。バリニャーノにより形式が整えられた。日本の政治や教会の状況が述べられている。1626年まで作成された。エーボラ版の「書翰集」第二巻に1581~89年の年報が収められている。耶蘇会日本年報。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イエズス会日本年報の関連情報