コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イクティノス イクティノス Iktinos

6件 の用語解説(イクティノスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イクティノス
イクティノス
Iktinos

ペリクレス時代 (前5世紀) にアテネで活躍したギリシアの建築家。アクロポリスパルテノンの設計者として知られる。カリクラテスとともに設計したといわれるが,実際にはライバルであって,カリクラテスの始めたものを彼が引継いだともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イクティノス(Iktinos)

イクチノス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イクティノス

前5世紀のギリシアの建築家。カリクラテスとともにアテナイのパルテノンを造営した。そのほかバッサイアポロン神殿やエレウシスデメテルおよびペルセフォネ神殿の造営にも関与。
→関連項目アクロポリス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イクティノス【Iktinos】

前5世紀後半にペリクレス時代のアテナイで活動したギリシアの建築家。生没年不詳。パルテノンの建築家として知られる。前448ころ‐前438年ころカリクラテスと協同でパルテノンの工事を監督した後,エレウシスの第6次のテレステリオンの設計と工事に従事したが,ペリクレスの死によってこの工事が中止された後,彫刻家フェイディアスと共にオリュンピアゼウス神殿の内部改装をおこなった。後2世紀の旅行家パウサニアスによれば,前430年ころバッサイのアポロン神殿を建てたとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

イクティノス【Iktinos】

ギリシャの建築家。紀元前五世紀頃に活躍。アクロポリスにパルテノンを建造した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イクティノス
いくてぃのす
Iktinos

生没年不詳。古代ギリシアの建築家。西洋古典古代最高の傑作とされるパルテノン神殿の設計者として知られる。ペリクレス時代にアテネで活躍。パルテノン神殿は紀元前447年ごろ起工、前438年ごろに完成した正面八柱式ドーリス式建築であるが、内部にはイオニア様式フリーズを取り入れることにより、重厚なドーリス的特性と優美なイオニア的特性を融合させた。なおパウサニアスやビトルビウスウィトルウィウス)などの古代の文献によれば、エレウシスのデメテルペルセフォネの神殿、ならびにフィガリアに近いバッサイのアポロン・エピクリオス神殿の設計にも関与したと伝えられる。[前田正明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イクティノスの関連キーワードアイスキネスアスパシアアテナイペリクレスペリシテ人ムネシクレスイクチノスアガリステクサンティッポステオリコン

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone