コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシドルス[セビリア] Isidorus, Hispalensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシドルス[セビリア]
Isidorus, Hispalensis

[生]560頃.スペイン,カルタヘナ
[没]636.4.4.
聖人,教会博士,神学者,歴史家,ヨーロッパ最後の教父。 600年に兄を継ぎセビリアの大司教。部下の聖職者の知徳の向上に心を注ぎ,教区学校を整備した。 633年にはトレドのスペイン教会会議を主宰した。その博識のすべてを結集した"Etymologiae"あるいは"Origines"20巻は言語の起源についての非学問的著書であったが,何世紀もの間最も重要な参考書の一つであった。彼はカシオドルスのような前代の百科全書的学者,自由七科,医術,法律,歴史,神学,人類学,動物学,天文学,心理学,建築,農業などの専門家,ラテン著作家などの著書からあらゆる知識を収集した。彼の他の論文も言語,自然科学,天文学など多岐にわたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イシドルス[セビリア]の関連キーワードアリュアテスリュディア古今要覧稿ヘプターキートニー賞ONE PIECEエレベーター強度偽装問題信託制度和泉流宗家津付ダム

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android