コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシモチソウ

百科事典マイペディアの解説

イシモチソウ

モウセンゴケ科の多年生食虫植物。関東〜沖縄,東アジア湿地にはえる。茎は高さ10〜30cm,根に球形塊茎がある。柄の長い三日月形の葉を互生し,葉面に密生する腺毛分泌液で捕虫し,消化する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イシモチソウ
いしもちそう / 石持草
[学]Drosera peltata L. var. nipponica (Masam.) Ohwi

モウセンゴケ科の多年草。地中に球形の塊茎があり、茎は直立し、高さ10~30センチメートル、上部は多少分枝し、無毛。根出葉があるが、花期後には枯れる。茎葉は互生し三日月形、長さ2~3ミリメートル、幅4~6ミリメートル、縁(へり)と表面に長い腺毛(せんもう)があり、これで小虫をとらえて消化する。5~6月ごろ茎上部に2~10個の白花をつける。萼片(がくへん)5枚は卵形で縁に腺毛があり、花弁は5枚、倒卵形で長さ6~8ミリメートル、雄しべ5本、雌しべ1本、花柱は3本でそれぞれ4深裂する。原野の酸性湿地に生え、関東地方以西の本州、四国、九州から中国まで分布し、基本種はマレーシア、インド、オーストラリアに広く分布する。[小林純子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイシモチソウの言及

【モウセンゴケ(毛氈苔)】より

… モウセンゴケ属Drosera(英名sundew)は世界で約90種が知られ,そのうちの約60種はオーストラリアに集中的に分布している。日本にはほかに,ナガバノモウセンゴケD.anglica Huds.(イラスト),モウセンゴケとナガバノモウセンゴケの種間雑種サジバモウセンゴケD.obovata Mert.et Koch,コモウセンゴケD.spathulata Labill.(イラスト),イシモチソウD.peltata Smith,(イラスト)ナガバノイシモチソウD.indica L.がある。イシモチソウは日本を北限とし,南はオーストラリア,タスマニア島までの東南アジアを中心に広く分布する多年草で,地下部に直径約5mmの球状塊茎をもち,茎が立ち上がり,また葉身(捕虫葉)は楯状に葉柄についた三日月形という形態的特徴をもつ。…

※「イシモチソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イシモチソウの関連キーワードイシモチソウ(石持草)ナガバノイシモチソウオーストラリアモウセンゴケ科ドロセラ蠅取花蠅取草砂持草毛状体蠅殺砂持石持

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android