コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスズミ イスズミKyphosus vaigiensis

3件 の用語解説(イスズミの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスズミ
Kyphosus vaigiensis

スズキ目イスズミ科の海水魚。全長 70cmになる。体は楕円形で側扁する。メジナに体形が似るが,より大きくなる。体色は青褐色で,体側に多くの黄色の縦走線が走る。背鰭棘数はメジナより少ない。本州中部以南,インド・西太平洋に分布。食用とされ,冬の磯釣りの対象魚としても有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イスズミ【Kyphosus lembus】

スズキ目イスズミ科の海産魚(イラスト)。別名ゴクラクメジナ。本州中部以南,台湾,フィリピンインド洋などに広く分布している。伊豆でイズスミ紀伊半島各地でワサビキツトオ,イスミルなど,八丈島アイス,ササヨ,ハトヨなどの呼名がある。メジナ科の魚に近縁で,体形や体色がよく似ている。体は青褐色で体側に多数の黄褐色の縦線が走る。体長40~50cmに達する。沿岸の岩礁域の中層を大群で遊泳し,海藻を好んで食べるが,夏から秋までは小動物もよく食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスズミ
いすずみ / 伊寿墨
bluefishchub
[学]Kyphosus lembus

硬骨魚綱スズキ目イスズミ科に属する海水魚。別名ゴクラクメジナ。地方名クシロ(東海地方)、キツオ(高知)、アサベ(尾鷲(おわせ))など。日本では関東以南、太平洋、インド洋などの暖海域に分布。体形はタイ形で、側扁(そくへん)する。吻(ふん)は短く、口は小さい。両あごには門歯が一列に並び、これらは著しく鋭利である。尾びれの後縁は湾入する。体色は青褐色で、体側に多くの黄色の縦走線が走る。また、全体的に橙黄(とうこう)色の個体もみられる。背びれ10棘(きょく)14軟条、臀(しり)びれ3棘12~13軟条。全長70センチメートルを超す大形のものがある。本種の稚魚は春から夏にかけて流れ藻につくことが知られており、産卵期は早春と考えられる。成魚は沿岸の岩礁地帯に生息し、夏場は小動物を捕食し、冬場は褐藻類のハバノリを好んで食べる。近縁種にテンジクイサキK. cinerascensがあるが、背びれ11棘12軟条、臀びれ3棘11軟条の違いで本種と区別できる。磯(いそ)釣りの対象魚で、煮物や焼き物などにされる。[谷口順彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イスズミの関連情報