コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イスラエル王国 イスラエルおうこく Kingdom of Israel

4件 の用語解説(イスラエル王国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラエル王国
イスラエルおうこく
Kingdom of Israel

ソロモンの死後,ヘブライ人の統一王国が2つに分裂してできた王国の一つ (前 937/22~722/1) 。北部にあったので北王国ともいう。すでに統一時代から南北の対立がみられたが,ソロモンの子レハベアムの専制的態度が直接の原因となって,サマリア地方の総督でエジプトに亡命していたヤラベアムがそむいて,前 937年頃あるいは前 922年頃エルサレムの北わずか数 kmの地点以北を独立した国家とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イスラエル王国【イスラエルおうこく】

前11世紀,イスラエル諸部族がカナンの地に樹立した王国。前1020年ころフィリスティア人ペリシテ人)の外圧に促されてサウルが初代の王となる。ダビデソロモンの治下に黄金時代を築いたが,前928年ころ南北に分裂,北王国がこの名称を継承し,南王国はユダ王国となる。
→関連項目パレスティナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イスラエルおうこく【イスラエル王国】

前1020年ころ,預言者サムエルの指導の下に,イスラエル諸部族がベニヤミン族出身のサウルを王に選び,近隣諸民族の王政にならって建てた王国。それまでの緩やかな部族連合では,海岸地帯から内陸に向かって勢力を拡大してきたフィリスティア人(ペリシテ人)に対抗できないと悟ったからである。サウルは,治世初期に王国の防衛に成功したが,やがて宗教的指導者サムエルと衝突し,すぐれた武将ダビデを追放してみずからを弱めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスラエル王国
いすらえるおうこく

紀元前11世紀にイスラエル人カナーンシリアパレスチナ)の地に樹立した王国。カナーンの地に定着し、唯一神ヤーウェ信仰を中心に国家的集団を形成するに至ったイスラエル諸部族は、前11世紀の終わりに、海の民ペリシテ(フィリスティア)人の侵入に促されて、カナーンの地に初めて王国を樹立した。ベニヤミン人の名望家の子として生まれた貴族的氏族出身のサウルが、宗教的権威者であり預言者であったサムエルから油注ぎを受けて聖別され、初代の王に選ばれた(在位前1020~前1004)。武将ダビデとの悲劇的な争いののち、ペリシテ人との戦いに敗れて3人の息子とともに陣没した。サウル王権は、後のダビデ、ソロモンのそれに比べれば、部族制社会に基礎を置く地方政権にすぎなかった。その後ダビデが王位を継いだ(在位前1004~前967)。ペリシテの属王とみなされていたダビデは、ペリシテ人に反旗を翻し、優れた軍事力と政治力とをもってペリシテ人の支配から脱し、南北いずれの部族にも属さないエブス人の町エルサレムを攻略し、南北両王国を同君複合の形で統治した。エルサレムを首都と定め、同地を政治、軍事、宗教上の一大拠点として、近隣諸国を征服し、さらにシリアのアラム人をも破って、南は紅海から北はユーフラテス川に達するイスラエル史上最大の支配領域を築き上げ、それを嗣子(しし)ソロモンに残した。ダビデ王国は、兵制のうえからは傭兵(ようへい)制度的王国であった。ソロモンの即位は、イスラエル王国のカリスマ的理念を打ち破った王位世襲制の第一歩であった。ソロモン(在位前965~前928)は、官僚国家の諸制度を確立し、人民に重税を課する一方、エルサレムに宮殿や神殿を建造し、黄金時代を築いた。とりわけ、活発な対外交易活動を通じて経済的発展を図り、軍備を強化して、万一の場合に備えた。広大な領土を防備するために、要害の地に高度な技術を投入して要塞(ようさい)諸都市(ハツォル、メギッド、ゲゼル、アラド)を築き、強大な軍備を整えた。メギッドからは数百の厩舎(きゅうしゃ)が発掘されている。
 ソロモンの酷政とその子レハベアムの暗愚とにより、王国は、南のユダ人とベニヤミン人とを含む南王国(初代の王レハベアム)と、北の10部族からなる北王国(初代の王ヤラベアム1世)との独立王国に分裂した(前928)。北王国はサマリアをおもな拠点としてイスラエル王国の名を継承し、南王国はエルサレムを基盤としてユダ王国となった。北王国は、南王国よりも経済的、文化的に富んでいたが、宗教的には異教化の危険にさらされ、200年の間に8回もの革命を重ねたのち、前721年アッシリア王サルゴン2世によって滅ぼされた。一方、南王国は北王国滅亡後も存続し、アッシリア、エジプト両勢力の間に立たされて内政、外交ともに振るわず、前586年新バビロニア王ネブカドネザル2世によって滅ぼされ、すべての役人たちと上流階級が捕らえられバビロニアへ移された(バビロン捕囚)。[高橋正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイスラエル王国の言及

【エルサレム】より

…前1000年ころ,ダビデ王が,エブス人が支配していたエルサレム南東の丘の要害シオンを征服して新しく〈ダビデの町〉と名づけた。エルサレムは統一されたばかりのイスラエル王国の首都となった。ダビデの死後王位についたソロモンは,〈ダビデの町〉の北側に延びるモリヤの丘に,フェニキアから輸入した高価なレバノン杉や南方オフィルの地から運んできた金銀をぜいたくに使用した王宮やヤハウェ神殿を20年の歳月をかけて建てた。…

※「イスラエル王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イスラエル王国の関連キーワードアモスエリシャサウルサムエルサムエル記ハガイ書ヨエル書預言書サムエルソン預言者の墓

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone