イスラム暦(読み)イスラムれき(英語表記)Islamic calendar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イスラム暦
イスラムれき
Islamic calendar

イスラム教徒の用いる純太陰暦で,回教暦,ときにはマホメット暦ともいう。ムハンマドメッカからメジナへ移ったヒジュラの年,ユリウス暦 622年の7月 16日をもって紀元1年1月1日とする。 12ヵ月を1年とするが,暦月は 30日の月と 29日の月とが交互におかれ,したがって1年は平年 354日となる。また 30年間に 11日の閏日を差入れ,閏年は 12月を 30日とするので,355日となる。いずれにせよ太陽暦の1年より 10~11日短い。そのため年始は季節とは無関係である。イスラム圏のなかでも現在では一般の生活には太陽暦に切替えたところもあるが,宗教的行事はすべてこのイスラム暦に従って行われている。たとえば断食の月は第9月 (ラマダーン) にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

イスラム‐れき【イスラム暦】

イスラム教諸国で用いられる太陰暦ムハンマドによるメッカからメジナへの移住(ヒジュラ)を記念して、のちに陰暦のこの年の元日(西暦622年7月16日)を起点として定めたもので、ヒジュラ暦、マホメット暦、また回教暦ともいう。1年は354日で、30年に11回の閏年(うるうどし)を置く。1年を12か月に分け、断食の第9月(ラマダーン)、巡礼の第12月を特に神聖視する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イスラムれき【イスラム暦】

イスラム圏内で使われる純太陰暦。ムハンマドがメジナに聖遷(ヒジュラ)した年の年初(西暦622年7月16日)を紀元元年1月1日とする。第二代カリフ、ウマルの時代に制定。太陽暦の1年より、11日ほど短い。イスラムの重要な儀式・祭礼はこれに従って実施される。ヒジュラ暦。回教暦。回暦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イスラム暦
いすらむれき

アラビア地方に発生した純太陰暦。マホメット暦、回教暦ともいう。636年、イスラム教主第2世オマル'Umar(在位634~644)が採用した。教祖ムハンマド(マホメット)がメッカからメディナに脱出した西暦622年7月15日木曜日を紀元年数の起算点と定め、これをヒジュラ紀元という。この7月15日という元期は天文学的に新月などの日付を計算するときに用い、実際はその翌日の月光を初めて認めた7月16日金曜日から数える。閏年(うるうどし)は30年に11回で、ヒジュラ紀元を30で割り、その残りが2、5、7、10、13、16、18、21、24、26、29となる年を閏年とする。
 1年は12か月で、大月30日、小月29日で、大月から始めて交互に繰り返し、平年は354日、閏年は最後の月を30日として355日とする。したがって30年360月の総日数は1万0631日となり、実際の360平均朔望月(さくぼうげつ)との差はわずか17分という、月に対する回帰だけについていえば優秀なものである。しかし太陽暦の1年に対しては10日あまり短いため、その年首は季節を通じて移っていく。月は新月の日を初日として数え、日は日没に始まる。イスラム教徒は今日、宗教的行事にだけこの暦法を用いている。第9月のラマダーンは日中の断食が行われる月として知られている。[渡辺敏夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

イスラム‐れき【イスラム暦】

〘名〙 イスラム世界で用いられている太陰暦の一種。一暦年を一二暦月とし、一暦月は二九日の月と三〇日の月が交互におかれ、新月の日を各月の第一日目としている。さらに三〇年を一期として、その間に一一日の閏日を挿入し、各期の第二、五、七、一〇、一三、一六、一八、二一、二四、二六、二九年の最終月を閏月とする。これによって一年は平年が三五四日、閏年は三五五日となり、太陽暦とは一〇日あるいは一一日の差ができる。預言者マホメットがメッカからメジナへ移った聖遷(ヒジュラ)の年の陰暦元日(西暦六二二年七月一六日)が、この暦の紀元一年一月一日となっている。ヒジュラ暦。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のイスラム暦の言及

【ヒジュラ暦】より

…イスラム世界で行われている暦。イスラム暦とも呼ばれる。預言者ムハンマドのメッカからメディナへのヒジュラ(移住)があった年を紀元元年とするため,この名がついた。…

※「イスラム暦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イスラム暦の関連情報