コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソクラテス イソクラテス Isokratēs

6件 の用語解説(イソクラテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソクラテス
イソクラテス
Isokratēs

[生]前436. アテネ
[没]前338. アテネ
ギリシアの散文作家,雄弁家,教育者。アッチカ十大雄弁家の一人。修辞学教師から法廷演説代作者を経て,前 392年頃ソフィストの学校とは異なる学校を開き,人格形成,全人教育を目的に雄弁術のみならず広く一般教養を教え,道徳性を重んじた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イソクラテス(Isokratēs)

[前436~前338]古代ギリシャ、アテネの弁論家・修辞家。ゴルギアスに修辞学を学び、多くの子弟を教育。ペルシア征討を主張した「パネギュリコス(オリンピア大祭演説)」などで、散文の完成者とされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イソクラテス

ギリシアの弁論家。アテナイに弁論術の学校を開いて多くの大雄弁家を育てた。時に冗長であるが流れるような美文によってギリシア散文を完成させた。演説形式の評論と書簡が約30編伝わり,当時のギリシア社会を知る重要な資料である。
→関連項目ヒュペレイデス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イソクラテス【Isokratēs】

前436‐前338
古代ギリシア,アテナイの弁論家。若いころソフィストのゴルギアスに修辞学を学び,のちアテナイに弁論術の学塾を開き多数の門弟を育てて広く名声をはせた。生来声が小さく実際演壇には立たなかったが,自分の政治・教育理念を訴えるために多くの演説形式の評論を書いた。書簡をふくめて約30編の作品が,中世以来の写本のほか,部分的ではあるが1~2世紀ごろのパピルスによっても伝わっている。それらは,ポリス内部での党争,亡命者と傭兵の増大などの問題をかかえた前4世紀のギリシア社会を知る重要な資料である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

イソクラテス【Isokratēs】

前436~前338) 古代ギリシャの弁論家。学校を設立し修辞学を講義。また、ポリスの結束とペルシャ征討を主張した演説体の評論や書簡が残存。その文体はのちの散文の範とされた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソクラテス
いそくらてす
Isokrats
(前436―前338)

アテネの修辞家、政治評論家。ゴルギアスに学び、法廷弁論執筆にも携わったが、紀元前392年ごろアテネに学校を開き、政治家ティモテオスをはじめ多くの子弟を教育した。有力ポリス間の和解とペルシア遠征とを唱えた前380年の『オリンピア大祭演説』Panegyrikos、ペルシア征討をマケドニアのフィリッポス2世に期待した前346年の『フィリッポス』Philipposなどの政治評論は、前4世紀のギリシア社会の問題点をよくとらえたものとして重視されている。演説形式の作品21編、書簡9編が伝存しており、その技巧に富んだ文章は散文の模範として、キケロを通じて近代まで大きな影響力をもった。[中村 純]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイソクラテスの言及

【ギリシア文学】より

… 前4世紀初めのアテナイの文人たちの活動にはこのような幻滅感,ないしは遠心性ともいうべき特色が顕著ではあるが,反面,法廷や議会,祝典などの制度上の民主的機能の復活とともに,優れた弁論家が輩出し,名文を数多く後世に残していることも大きな特色である。リュシアスはもっとも純粋なアッティカ散文と称される弁論体によって,法廷弁論をつづり,イソクラテスは華麗な文体を駆使して全ギリシア的和合を目ざす政治と文化の理念を説く。中でもデモステネスの政治弁論はまさに壮絶といわねばならない。…

【ゴルギアス】より

…ソフィストとして活動を始めたのもこのころからであろうが,弁論術中心の教授法によってギリシア全土に名声を博した。その理念と方法は,イソクラテスの弁論術学校に継承発展され,さらに後の西欧文化の伝統にまで影響を与えている。また彼の華麗な文章技巧や修辞法は,ギリシア散文の発展に大きく貢献した。…

【修辞学校】より

…古代ギリシアでは民主政治の発展とともに政界進出の技能としての弁論術が重視されるようになった。このような時代風潮のなかで,プロタゴラスやゴルギアスなどのソフィストたちは諸地方を回り有為の青年たちに弁論術を教えたが,イソクラテスは前390年ころアテナイのリュケイオンの近くに修辞学校を開設し名声を博した。この学校は哲学的教養を重視するプラトンのアカデメイアとは対照的に,弁論術にたけた世俗的に有能な者の養成を主眼としていたが,彼の死後も勢力を保ち,これを範とした修辞学校が各地に設立された。…

※「イソクラテス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イソクラテスの関連キーワードアイスキネスアンドキデスギリシア悲劇修辞学校ピレウスポリュグノトスリバニオスクレプシュドラ《古代ギリシア作家叢書》古代ギリシア文字譜

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イソクラテスの関連情報