コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソヒヨドリ イソヒヨドリ Monticola solitarius; blue rock thrush

4件 の用語解説(イソヒヨドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソヒヨドリ
イソヒヨドリ
Monticola solitarius; blue rock thrush

スズメ目ヒタキ科。全長 21~23cm。雄は頭,胸,背,,尾が明るい藍色で,腹が濃い栗色。雌は背面が暗褐色でやや青みを帯び,腹部は灰黄色地に黒褐色の斑がある。ヨーロッパ南部やアフリカ北西部,中央アジア中国北部,ベトナム北部,日本などで繁殖する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イソヒヨドリ

ヒタキ科の鳥。翼長12.3cm。ヒヨドリの名がつくが,ヒヨドリとは別の科に属す。東アジアからヨーロッパ南部,北アフリカにかけて分布。日本では九州以北で繁殖し,北のものは冬は南下する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イソヒヨドリ【blue rock thrush】

スズメ目ヒタキ科の鳥。全長約24cm,体つきツグミに似ており,雄は腹面の赤褐色を除いては全体に暗青色をしている。雌は暗灰色でじみ。ユーラシア大陸南部に細長く分布しており,日本では北海道から九州,沖縄までの各地に生息している。ヨーロッパにすむものでは,雄は全身暗青色をしている。日本では名前のとおり,海岸の磯付近にすんでいるが,大陸では,磯よりは岩地の鳥で山地の岩場などにおもにすんでいる。どの地方のものも,地上をピョンピョンはねながら,昆虫やミミズなどの小動物をとって食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソヒヨドリ
いそひよどり / 磯鵯
blue rock thrush
[学]Monticola solitarius

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。ヒヨドリとは、ほぼ同じ大きさであること、光線によってはともに黒っぽくみえることで似ているが、類縁関係は遠い。全長約23センチメートル。雄の上面、頭部、胸は暗青色で、腹の色は、日本、朝鮮半島、中国東北部、台湾で繁殖するものは赤褐色、それより西、地中海周辺までユーラシアに細長く分布しているものは上面と同じ暗青色である。雌は全体に暗褐色。日本では、その和名のとおり、磯(いそ)にすみ、大きな岩があり背後に岩壁を控えた海岸に多く、岩の割れ目などに巣をつくり、5~6個の緑青色の卵を産む。海岸の小動物をおもに食べ、モズ型、ヒタキ型の小形猛禽(もうきん)類的な採食法も巧みである。日本以外では海岸にはすまず、山岳地帯の岩場をすみかとする。中国の黄河流域からヨーロッパにかけては、日本の本種に似て腰の白いコシジロイソヒヨドリM. saxatilisが重複して分布する。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イソヒヨドリの関連キーワード楓鳥鮫鶲紅雀米食鳥ジョウビタキ(常鶲)ツグミ(鶫)ノビタキ(野鶲)ヒタキ(鶲)モズヒタキ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イソヒヨドリの関連情報