コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イソヒヨドリ Monticola solitarius; blue rock thrush

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イソヒヨドリ
Monticola solitarius; blue rock thrush

スズメ目ヒタキ科。全長 21~23cm。は頭,胸,背,,尾が明るい藍色で,腹が濃い栗色。雌は背面が暗褐色でやや青みを帯び,腹部は灰黄色地に黒褐色の斑がある。ヨーロッパ南部やアフリカ北西部,中央アジア中国北部,ベトナム北部,日本などで繁殖する。繁殖地の多くでは周年にわたって生息する留鳥だが,アフリカ北東部やインド東南アジアに渡って越冬するもいる。日本では各地のおもに海岸部の岩場にすんでいるため,名に「イソ」とあるが,日本以外では内陸の樹木の少ない山地,あるいは標高 2000~4000mの高山の岩場にも生息している。日本でも近年では内陸部や都市部に進出している。またヒヨドリと似ていることからその名がつけられたが,類縁関係が近いわけではない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

イソヒヨドリ

ヒタキ科の鳥。翼長12.3cm。ヒヨドリの名がつくが,ヒヨドリとは別の科に属す。東アジアからヨーロッパ南部,北アフリカにかけて分布。日本では九州以北で繁殖し,北のものは冬は南下する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イソヒヨドリ【blue rock thrush】

スズメ目ヒタキ科の鳥。全長約24cm,体つきツグミに似ており,雄は腹面赤褐色を除いては全体に暗青色をしている。雌は暗灰色でじみ。ユーラシア大陸南部に細長く分布しており,日本では北海道から九州,沖縄までの各地に生息している。ヨーロッパにすむものでは,雄は全身暗青色をしている。日本では名前のとおり,海岸の磯付近にすんでいるが,大陸では,磯よりは岩地の鳥で山地の岩場などにおもにすんでいる。どの地方のものも,地上をピョンピョンはねながら,昆虫ミミズなどの小動物をとって食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イソヒヨドリ
いそひよどり / 磯鵯
blue rock thrush
[学]Monticola solitarius

鳥綱スズメ目ヒタキ科ツグミ亜科の鳥。ヒヨドリとは、ほぼ同じ大きさであること、光線によってはともに黒っぽくみえることで似ているが、類縁関係は遠い。全長約23センチメートル。雄の上面、頭部、胸は暗青色で、腹の色は、日本、朝鮮半島、中国東北部、台湾で繁殖するものは赤褐色、それより西、地中海周辺までユーラシアに細長く分布しているものは上面と同じ暗青色である。雌は全体に暗褐色。日本では、その和名のとおり、磯(いそ)にすみ、大きな岩があり背後に岩壁を控えた海岸に多く、岩の割れ目などに巣をつくり、5~6個の緑青色の卵を産む。海岸の小動物をおもに食べ、モズ型、ヒタキ型の小形猛禽(もうきん)類的な採食法も巧みである。日本以外では海岸にはすまず、山岳地帯の岩場をすみかとする。中国の黄河流域からヨーロッパにかけては、日本の本種に似て腰の白いコシジロイソヒヨドリM. saxatilisが重複して分布する。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イソヒヨドリの関連キーワード磯鵯

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イソヒヨドリの関連情報