コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタビカズラ イタビカズラFicus nipponica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イタビカズラ
Ficus nipponica

クワ科の常緑性つる植物。福島・新潟県以南の本州から琉球列島,朝鮮半島,台湾,中国大陸中南部に分布し,暖地の林内に生える。幹は長さ2~5mで分枝し,下部は地をはって根をおろし木や岩にからまり,梢部は枝を出す。特に生長したものでは,幹が径 8cmに達し多くの枝を出して葉を茂らせる。若枝には細毛がある。葉は有柄で互生し,革質,長楕円状披針形で長さ7~12cm,幅2~3cm,全縁で先は鋭くとがり,基部は円形。表面は平滑で淡緑色,裏面は帯粉白色で隆起した網脈が目立つ。夏,葉腋に1~2個の花嚢をつける。雌雄異株。花嚢は長卵形で有毛,秋遅く熟して紫黒色となる。和名のイタビイヌビワ (犬枇杷) の一名である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イタビカズラ【Ficus oxyphylla Miq.】

クワ科イチジク属の常緑性つる植物(イラスト)。若い茎には毛があり,また付着根を出して岩壁や他の木の幹をはい登る。そこから,よく分枝する枝を出し,葉を茂らせる。葉は厚く,披針形で少し裏に巻き,葉の表はつやがあり,裏面は粉白色で細脈が顕著に突出する。囊(かのう)は直径1cmほどで葉腋(ようえき)に1~2個つく。雌雄異株。雄株の果囊には,花柱の短い雌花(虫こぶになる)があり,5月ころ雄花ができる。雌株の果囊には花柱の長い雌花があり,秋遅く紫黒色に熟し種子ができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イタビカズラ
いたびかずら
[学]Ficus oxyphylla Miq.

クワ科の常緑藤本(とうほん)。幹は褐色でよく分枝し、不定根を出して石や木によじ登る。托葉(たくよう)は膜質で長さ約5ミリメートル。葉は互生し卵状長楕円(ちょうだえん)形で柄があり、先は長く鋭くとがって、葉身の基部は円く、全縁、長さ5~12センチメートル、革質で裏面は灰白色。雌雄異株。花序は壺(つぼ)状で、葉のわきに径約1センチメートルのいちじく状花序を1~2個つける。ほとんど無柄で基部に包葉があり、中に小さな雄花、雌花、虫(ちゅうえい)花をもち、紫黒色に熟す。石垣や崖(がけ)に生え、新潟、福島県以西の本州、四国、九州、沖縄、および中国、インドシナに分布する。[島袋敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

イタビカズラの関連キーワードイシガケチョウヒメイタビトピアリーちゅうえい蔓無花果不等葉伊太比以多比伊陀寐木饅頭木蓮子