コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イタリア・エチオピア戦争 イタリアエチオピアせんそう

百科事典マイペディアの解説

イタリア・エチオピア戦争【イタリアエチオピアせんそう】

(1)1895年―1896年イタリアはエチオピア侵入を試みたが,アドワの戦で大敗して撤兵。(2)1935年ムッソリーニ政権下のイタリアは国境紛争を口実にエチオピアに侵入,1936年全土を併合した。国際連盟の経済制裁も実効なく,エチオピア皇帝ハイレ・セラシエは英国に亡命,ドイツ,イタリア接近の契機となる。
→関連項目アディスアベバアドワエチオピアクリスピストレーザ会談第2次世界大戦中立法パンクハーストムッソリーニ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android