コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌガヤ イヌガヤ Cephalotaxus drupacea

4件 の用語解説(イヌガヤの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌガヤ
イヌガヤ
Cephalotaxus drupacea

イヌガヤ科の常緑低木で日本,朝鮮半島,中国に分布する。ときには高さ 10m,直径 30cmぐらいになることがある。樹皮は灰褐色で浅くはげる。葉は線形,濃い緑色で,長さ3~5cm,下面の中肋の両側に白色の気孔帯が目立つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イヌガヤ

イヌガヤ科の針葉樹で常緑低木〜小高木。本州〜九州,朝鮮半島,中国の暖地の山地にはえる。葉は線形で柔らかく,互生し,裏面には縦に2条の白色気孔腺がある。雌雄異株で,雄花は黄色,雌花は緑色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イヌガヤ【(Japanese) plum‐yew】

イヌガヤ科の針葉樹(イラスト)。岩手県以南の太平洋側,四国,九州,朝鮮南部に分布し,高さ15m,直径1mに達することがある。葉は線形で長さ2~5cm,裏面の中脈の左右に白い気孔帯がある。直立茎上ではらせん配列し,水平枝では左右2列に互生する。雌雄異株。雌花序(球花)は十字対生する数対の種鱗からなり,各種鱗には2個の胚珠がつくが,熟すのは1~2個である。種子は種衣で包まれる。雄花は7~12本のおしべからなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イヌガヤ
いぬがや / 犬榧
[学]Cephalotaxus harringtonia (Knight) K.Koch

イヌガヤ科の常緑低木または高木で、大きいものは高さ15メートル、直径30センチメートルとなる。樹皮は暗褐色で浅く縦にはげる。葉は互生し、線形で長さ2~5センチメートル、幅2.5~4.0ミリメートルあり、先は急にとがり、側枝では枝の左右に2列に並び、直立する枝では螺旋(らせん)状につく。葉質は柔らかく、触っても痛くない。雌雄異株。3~4月に開花する。雄花は球状に集まって前年枝の葉の付け根につき黄色。雌花は小枝の先に1、2個つき緑色で、多数の鱗片(りんぺん)をもつ柄がある。球果は卵形または倒卵形で長さ2.0~2.5センチメートルあり、外種皮は肉質で、翌年の秋に赤褐色に成熟する。陰樹で森林下の谷側などに生える。材は建築、器具、土木、ろくろ細工などにされ、木は庭木とする。本州の岩手県以西、四国、九州に分布する。変種にハイイヌガヤがあり、低木性で群生し、基本種に比べ雌花序はほとんど鱗片をもたない長い柄がある。北海道から本州、四国にかけて分布する。枝が直立し、葉は輪生し、長い葉の群と短い葉の群があってそれが少し間隔を置いて交互に並ぶ園芸種をチョウセンマキと称し、庭木や切り枝用とする。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイヌガヤの言及

【カヤ(榧)】より

…暖地の森林中に散生するイチイ科の常緑針葉樹(イラスト)。社寺の境内などにしばしば大木を見る。高さ25mにもなる高木で,小枝は対生する。葉は螺生(らせい)するが横枝では2列状となり,線形で長さ1.5~2.5cm,先はとがって触ると痛い。雌雄異株で,4~5月に開花し,雄花は前年枝の葉腋(ようえき)に単生して楕円形,おしべは4輪生して多数,雌花は新枝の下部葉腋に2個ずつつく。このうち1個のみが翌年の秋に石果様に熟し,楕円形で長さ約3cm。…

【油】より

…たとえば,ワタの副産物である綿実油や米の副産物である米ぬか油,さらにはトウモロコシからのコーン・オイル,カポックからのカポック油など,いずれもこれまでは油料植物として利用されていなかった植物である。【吉田 集而】
[日本における油の経済史]
 日本では古くから食用や照明用に,魚油・木実油(イヌガヤの実)・ゴマ・エゴマなどが用いられてきた。とくに中世には,灯火用として社寺や公家が使用したため重要な商品となった。…

※「イヌガヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イヌガヤの関連キーワード針葉樹林犬榧イラスト星鴉岩手県岩手郡雫石町長山岩手県岩手郡雫石町長山狼沢岩手県岩手郡雫石町長山盆花平ヒガラ(日雀)ハイイヌガヤヘビ(イヌガヤ)

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イヌガヤの関連情報