コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヌツゲ(犬黄楊) イヌツゲIlex crenata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イヌツゲ(犬黄楊)
イヌツゲ
Ilex crenata

モチノキ科の常緑小高木。北海道を除く日本のほぼ全域に分布し,また庭木や公園樹として各地でごく普通に栽植される。枝は灰褐色でよく分枝し,長さ2~3cmの小さな小判形の葉を密に互生する。刈込みによって自由に樹形を造形できる。葉は濃緑色の革質でまばらに鋸歯があり,裏面は淡色である。5~6月に,葉腋に小さな4弁の白花をつける。雌雄異株で,雄花は数花が花序をつくるが,雌花は葉腋に1花ずつつく。果実は径数 mmの球形で黒く熟する。樹皮に粘性物質を含み,モチノキ同様,かつて鳥もちとして使われた。なお,ツゲ (黄楊) と似ているが,枝が丸いこと (ツゲでは4稜がある) ,葉が互生して鋸歯があること (ツゲでは対生して全縁) ,果実が球形なこと (ツゲでは角張った 蒴果) などで容易に区別できる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イヌツゲ(犬黄楊)の関連キーワードツルツゲ(蔓黄楊)ツゲ(黄楊)

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android