コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブンシーナー Ibn Sīnā

大辞林 第三版の解説

イブンシーナー【Ibn Sīnā】

980~1037) アラビアの医学者・哲学者。ラテン名アビセンナ、アビケンナ。医学・哲学・神学・天文学・数学・言語学・音楽など多方面の著作を残す。哲学百科全書である「治癒の書」や医学書「医学典範」により、中世ヨーロッパに大きな影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

イブンシーナーの関連キーワードブーアリーシーナー廟アビケンナアラビア天文学言語学神学

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android