コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イブンシーナー Ibn Sīnā

デジタル大辞泉の解説

イブン‐シーナー(Ibn Sīnā)

[980~1037]中央アジア出身のイスラム哲学者・医学者。アリストテレスを研究。「治癒の書」「医学典範」を著し、中世ヨーロッパに大きな影響を及ぼした。ラテン語名、アビセンナ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

イブンシーナー【Ibn Sīnā】

980~1037) アラビアの医学者・哲学者。ラテン名アビセンナ、アビケンナ。医学・哲学・神学・天文学・数学・言語学・音楽など多方面の著作を残す。哲学百科全書である「治癒の書」や医学書「医学典範」により、中世ヨーロッパに大きな影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

イブンシーナーの関連キーワードブーアリーシーナー廟アビケンナアラビア天文学言語学神学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android