イブン・ハズム(英語表記)Ibn Ḥazm Abū, Muḥammad `Alī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブン・ハズム
Ibn Ḥazm Abū, Muḥammad `Alī

[生]994.11.7. コルドバ郊外
[没]1064.8.16. マンタリーシャム
スペインのアラブ化した文学者,神学者。祖父のときからイスラムに改宗。繊細な文章で騎士道的恋愛を突きつめて分析した『鳩の首輪』 Ṭawq al-ḥamāmah (1027) はアラビア語文学のなかでも独創的な作で,著者自身の青年期の激しい悲恋の心境なども述べられている。彼はイスラムの神学中の高踏的なザーヒル派の見解を守り,他の諸派を激しく攻撃した。後半生は流離,投獄,追放など多事であり,著書がセビリアで焼かれたこともあった。 400種にのぼる多数の著作を残したが,最も有名なのは上記のものと,『宗教および哲学の諸派の書』 Kitāb al-faṣl fī al-milal wa'l-Aḥwā' wa'l-Niḥalと題する独創性に富む比較宗教学書。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イブン・ハズム
いぶんはずむ
‘Al ibn azm
(994―1064)

中世スペインのアラビア語著述家、神学者。コルドバでウマイヤ朝高官を父として生まれた。ウマイヤ朝が衰退し、父が没するとともに迫害を受け、1013年にはコルドバを離れてアルメリアへ移った。ここでウマイヤ派とみなされて投獄、追放されてバレンシアへ行った。ここでまたも投獄され、1019年にコルドバに戻り、1023~1024年にアブドゥル・ラフマーン5世‘Abd al-Ramn (在位1023~1024)のもとで7週間大臣となったが、このカリフ(最高指導者)が暗殺されるとまた投獄され、次にハティバへ行き、ここで『鳩(はと)の頸(くび)飾り』を書いた。こののちは、イスラム正統派からは異端視されていたザーヒル派の立場から激しい神学的論争を行い、各地で禁圧を受けてマジョルカ島へ難を避け、疲れ果てて最後にバダホス近くのカサ・モンティハの家族のもとで没した。著作は400もあったといわれるが多くは散逸し、10種ほど残っている。なかでも『アル・ミラル・ワン・ニハル』(諸宗派の書)はイスラム思想史上重要であるが、文学的には『鳩の頸飾り』のほうがよく知られている。これは恋愛および恋する人についての諸例を30章に分けて書いたもので、スタンダールやモーロアの『恋愛論』の先駆をなす、と評されている。[矢島文夫]
『黒田寿郎訳『鳩の頸飾り』(1978・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

イブン・ハズム

生年月日:994年11月7日
アラブ系のスペインの小説家,神学者
1064年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android