コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボヤギ イボヤギ Tubastraea coccinea

4件 の用語解説(イボヤギの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イボヤギ
イボヤギ
Tubastraea coccinea

刺胞動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴキサンゴ科。低い塊の群体。莢は円形で直径 6~8mm,共肉基部から 5mmほどの高さに突出する。莢を覆う共肉は濃い橙色で,個虫の触手は黄色。触手には刺胞がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イボヤギ

イシサンゴ目キサンゴ科の腔腸(こうちょう)動物。サンゴ体は魂状か皮殻状。径6〜8mm,高さ4〜5mmの低い円筒形の石莢(せっきょう)がサンゴ体の中に深く入り込み,石莢から赤や黄のポリプが出る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イボヤギ【Tubastrea aurea】

イシサンゴ目キサンゴ科の腔腸動物(刺胞動物)。相模湾以南に分布し,水深0~10mの海水が速く流れる日陰の岩礁壁に群生する。直径1cm以下の莢(きよう)がたくさん集まって低い塊状か皮殻状の群体をつくり,その石灰質の骨格からイソギンチャクに似た鮮やかな橙色のポリプが出ている。その黄色い触手には刺胞群がある。ポリプの基部の骨格上のくぼみは内面にひだがあり,タコのいぼに似ているのでこの名がある。近縁種のオオイボヤギT.coccineaでは莢の高さが2cmほどあり,直径はイボヤギより大きくて1.5~2cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イボヤギ
いぼやぎ / 疣海楊
[学]Tubastrea aurea

腔腸(こうちょう)動物門花虫綱六放サンゴ亜綱イシサンゴ目キサンゴ科に属する海産動物。相模(さがみ)湾以南の太平洋に広く分布する。群体は低い塊状あるいは殻皮状で、莢(きょう)は円形で直径6~8ミリメートルであるが、おおむね共同基部に埋まり、表面からわずか4~5ミリメートル突出するだけである。隔壁は4環列まで発達するが、第4環列は痕跡(こんせき)的。外腔(がいこう)にある隔壁は内腔にある隔壁よりつねに小さい。表面を覆う共肉は鮮かな朱橙(しゅとう)色で、触手は黄色である。低潮線付近より20メートルぐらいまでの岩礁の崖(がけ)面や岩棚の下面に着生する。群体上にはしばしばイボヤギミノウミウシがみつかり、共肉を食べている。近縁種にイボヤギより大形のオオイボヤギT. coccineaや、莢が放射状に並びさらにそれぞれの両側に小さい個体が左右対をなして並ぶエダイボヤギT. robustaがある。[内田紘臣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イボヤギの関連キーワードアワサンゴ赤珊瑚石珊瑚白珊瑚八放珊瑚緑石黄珊瑚桃色珊瑚サンゴ(珊瑚)造礁サンゴ(造礁珊瑚)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone