コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イヨカン(伊予柑) イヨカン

2件 の用語解説(イヨカン(伊予柑)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

イヨカン(伊予柑)【イヨカン】

ミカン科の低木。明治時代に山口県から愛媛県に伝わってのちイヨカンの名で広まった。樹高4〜5mになる。花は白色。果実は250〜300gになり,濃い黄だいだい色。皮は厚いがミカン同様むきやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イヨカン【イヨカン(伊予柑) Citrus iyo Hort.ex Tanaka】

1~3月ころ出荷される,赤橙色で独特の風味をもつかんきつ類の一つ。ミカン科常緑広葉樹。1886年ころ,現在の萩市で発見されたが,名は育ちの地,伊予にちなむ。樹高3~5m。枝条にわずかにとげを生ずる。葉はやや小さくいくぶん上向く。5月上・中旬に開花し,花は白色5弁で中程度の大きさ。おしべは20~25本で花粉は稔性。果皮は比較的厚いが,むきやすい。果肉は黄橙色で柔軟多汁。種子は10~20個あり,単胚性。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のイヨカン(伊予柑)の言及

【かんきつ類(柑橘類)】より

…雑柑類は時代とともに多少変化した。例えばハッサク,イヨカン,ポンカンは近年生産量が増えたため雑柑類から独立させられている。また,来歴は不明だが日本原産で明らかに雑種由来とみられるもの,さらにその中で重要度の低いもののみに限定して雑柑類と呼ぶ場合もある。…

※「イヨカン(伊予柑)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イヨカン(伊予柑)の関連キーワード金農赤橙御稲荷さん国風スプーン軟化栽培和習鉱工業生産者出荷指数栃餅産地市場

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone