コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イロリン イロリン Ilorin

4件 の用語解説(イロリンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イロリン
イロリン
Ilorin

ナイジェリア南西部の都市。ラゴス北北東約 260kmに位置。 18世紀末にヨルバ族が建設,オヨ帝国の属国であるヨルバ王国の首都となったが,1817年ソコトの首長アリミの支援を得てオヨに反逆,独立を達成し,アリミの息子が首長となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

イロリン(Ilorin)

ナイジェリア西部の都市。クワラ州の州都。19世紀初めにヨルバ族のオヨ帝国から独立したが、イスラム教徒のソコト帝国に併合。19世紀末に英国の保護領になった。20世紀初めにラゴスと鉄道で結ばれ、物流の拠点として発展。商業、軽工業が盛ん。陶器、土器、木彫などの伝統工芸でも知られる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イロリン【Ilorin】

西アフリカのナイジェリア西部,内陸にある商工業都市。人口46万4000(1995)。ニジェール川の西岸にひろがる農耕地帯にあって,紙巻タバコマッチ,砂糖などの軽工業が発達しているほか,編物,スズ製品,木彫器,土器などの伝統工芸が盛んである。早くからヨルバ族の王国の首都として栄え,同じヨルバ族のオヨ王国に対して1817年に反乱を起こし,勝利をえて政治経済の中心となった。しかし,サバンナ地帯の南端に立地していたため,北方から南下してくるイスラム教徒の遊牧民フルベ(フラニ)族に攻撃され,1820年代にはソコトを首都とするフルベ族の王国に併合された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イロリン
いろりん
Ilorin

西アフリカ、ナイジェリア中部、クワラ州の州都。人口46万4000(1995)。本来ヨルバ人のオヨ帝国の一部であったが、19世紀初頭以後フラニ帝国に支配権を奪われ、のちイスラム藩王国となった。さらに1897年イギリスがこの町を占領し、北部ナイジェリアに組み入れた。1908年ラゴスから鉄道が開通し、また国道1号線もこの町を通り、物資の集積地として栄えた。陶器づくりのほか、近代工業の進出も盛ん。[島田周平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イロリンの関連キーワードイフェイボ族ナイジェリア西アフリカニジェールハウサ語ビアフライギリス領西アフリカニジェール[川]ベヌエ[川]

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イロリンの関連情報