コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワシクジラ イワシクジラ Balaenoptera borealis; sei whale

4件 の用語解説(イワシクジラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワシクジラ
イワシクジラ
Balaenoptera borealis; sei whale

クジラ目ヒゲクジラ亜目ナガスクジラ科ナガスクジラ属。体長約 18m。大きいものは体重約 30t。出生体長は 4.5~4.8m。体色は背部が黒色,青黒色あるいは黒褐色で腹部が白色である。背と腹の境はねずみ色で波形や不規則ぼかし模様を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イワシクジラ

セイとも。クジラ目ナガスクジラ科のヒゲクジラ。体長17mほど。太平洋大西洋,南極海に分布し,日本では房総半島以北に多い。おもにコペポーダオキアミなどの小甲殻類を食べ,群をなして回遊する。
→関連項目クジラ(鯨)鯨肉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

イワシクジラ

 ヒゲクジラの一種で,体長18mにも及ぶ大型のクジラ.食用にされた.南北両半球に住む.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワシクジラ
いわしくじら / 鰮鯨
sei whale
[学]Balaenoptera borealis

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目ナガスクジラ科のヒゲクジラ。体はほっそりした紡錘形で、鎌(かま)形の背びれがある。背側は黒く腹側は白いが、中間にぼかし模様がみられる。顎胸(がくきょう)部の体軸に沿って走る約60本の畝(うね)(筋状の溝)はへそまでは達しない。口蓋(こうがい)に黒色のくじらひげ板が櫛(くし)状に伸びる。出生時の体長は4.4メートルで、約9歳で成熟。成体の体長は平均15~16メートルに達し、体重は16~20トンになる。雌は雄よりやや大きい。世界の大洋に分布し、氷海や付属海には入らない。動物プランクトンの橈脚(とうきゃく)類を好み、群集性魚類も食べる。捕鯨の対象となっていたが、1986年(昭和61)から国際捕鯨委員会(IWC)により、全世界で捕獲が禁止されている。生息数は世界全域で約2万4000頭以上と推定される。[大隅清治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イワシクジラの関連キーワードナガスクジラ鰯鯨小鰯鯨克鯨白長須鯨歯鯨鬚鯨長須鯨ヒゲクジラナガスクジラ(長須鯨)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イワシクジラの関連情報