コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワタバコ

百科事典マイペディアの解説

イワタバコ

イワタバコ科の多年草。本州〜九州および台湾に分布し,谷あいなどの岩壁に群生する。葉は1株に1〜2枚つき,ゆがんだ楕円状卵形で長さ10〜30cm,表面にしわがあり柔らかい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

イワタバコ【Conandron ramondioides Sieb.et Zucc.】

山地の湿った岩上に生えるイワタバコ科の夏緑多年草(イラスト)。葉の形や花の感じがタバコに似ているのでイワタバコの名がある。葉は軟らかく,少数(1~3枚)が褐色の毛を有する根茎から出て,岩壁では垂下している。形は楕円形から長楕円形,先はとがり,辺縁には不整のまばらな鋸歯があり,葉身基部は葉柄に流れ翼状となる。花期は夏,10cm前後の花茎を垂らし,数個から20個近い花を散状につける。淡紫色の花は径2cmほど,花冠は放射状に5深裂し,5本のおしべと1本のめしべを有する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イワタバコ
いわたばこ / 岩煙草
[学]Conandron ramondioides Sieb. et Zucc.

イワタバコ科の多年草。葉は根際につき、楕円(だえん)状卵形で基部は翼のある柄となり、表面は光沢があってしわがよる。冬は葉が丸まって球となり越冬する。花茎は長さ10~30センチメートル。6~8月、散形花序をつくり紅紫色の花を横向きに開く。花冠は深く5裂し、裂片は反り返る。丘陵帯から山地帯の日陰や湿った岩壁に生え、福島県以西の本州、四国、九州に分布する。名は、岩場に生え、葉がタバコの葉に似るのでいう。
 関東地方以西の本州の太平洋側には、花茎、花序、葉の裏面に毛のある変種があり、ケイワタバコという。なお、イワタバコ属は花冠は放射相称、雄しべは5本あり、アジアに2種分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イワタバコの関連キーワードナガミカズラ(長実蔓)イワタバコ(岩煙草)ストレプトカープスストレプトカーパスゴイシツバメシジミレクステイネリアセントポーリアエスキナンサスグロキシニアイワギリソウアキメネスシシンランコルムネアエピスシアラモンダ岩タバコ山枇杷草ししん蘭白花岩菜水煙草

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イワタバコの関連情報