コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インゴルド

百科事典マイペディアの解説

インゴルド

英国の有機化学者。1924年リーズ大学教授,1930年ロンドン大学教授。芳香族化合物の構造について研究,R.ロビンソンらとともに有機電子論提唱

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インゴルド
いんごるど
Christopher Ingold
(1893―1970)

イギリスの化学者。ロンドンに生まれ、サウサンプトン大学に学び、1923年学位を得た。1920~1924年インペリアル・カレッジの化学講師、1924~1930年リーズ大学有機化学教授を経て、ロンドン大学化学教授(1930~1961)となった。有機化学、物理的有機化学、芳香族化合物の構造研究において多くの業績をあげ、有機電子論の創始者として知られる。著書に『Structure and Mechanism in Organic Chemistry』(1953)、『Substitution at Other than Carbon』(1959)などがある。[道家達將]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

インゴルドの関連キーワード10月28日メソメリズム共鳴混成体有機反応論立体配置順位則英国

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

インゴルドの関連情報