コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インターン intern

翻訳|intern

6件 の用語解説(インターンの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

インターン【intern】

理容師・美容師・医師になろうとする人が、修学後国家試験の受験資格を得るために課される実習訓練。また、その実習生。医師については1968年(昭和43)廃止された。
会社や官公庁で職業体験をする実習生。教育実習生。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

インターン(intern)

理容師・美容師になる人に課せられる実地訓練。また、その実習生。医師の場合も第二次大戦後に行われたが、昭和43年(1968)に廃止し、研修医制度となる。→研修医

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

インターン

専門的職業につくための資格試験受験の条件として,その職業に関する学校卒業後,一定期間の実地修練を課せられる場合,その制度をインターンシップ,その修練生をインターンという。
→関連項目全共闘運動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

ビジネス用語集の解説

インターン

インターンとは、インターンシップのこと。主に社会人以外の学生などが対象で、企業など実際の職場で働く経験をする制度。

事前に働く体験を得ることで、職業観の形成、キャリアプランの形成、就職先の選択などに活かされる。アメリカではさかんに行われており、ほとんどの学生が在学期間中に経験している。

インターンシップはアルバイトと違って、就業体験の機会を与え、ビジネスの現場や働くことを理解し、職業観、将来のキャリアプランに役立ててほしいという目的で実施されています。

そのため基本的には無報酬となります。ただし交通費や職務遂行にあたって必要な経費は支給される場合もあります。

出典|転職.jp
ビジネス用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インターン【intern】

ある職業について,その資格を最終的に取得するのに先だって実地訓練を課することがある。そうした制度をインターンシップinternshipといい,その研修生をインターンと呼ぶ。一般には医師の場合を指して用いられることが多いが,同様の制度は美容師,理容師の場合にも見られる。医師の場合,第2次大戦後アメリカにならって,大学医学部卒業後1年間,大学病院や認定された教育病院で,臨床の実地修練を積んだのちに,はじめて国家試験の受験資格が与えられる制度が始まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インターン
いんたーん
intern

専門職につく前に研修施設で実施修練を行う者をいう。

医師のインターン

独立して診療できる医師になる前の課程として、医学校を卒業したのち1~2年間、病院において先輩医師の指導のもとに、診療の実地修練を行う者をいう。日本では、第二次世界大戦後の1946年(昭和21)よりアメリカ占領軍の勧告でこの修練が義務づけられ、1年間のインターン生活を送らなければ、医師国家試験の受験資格が与えられないことになった。しかし、研修体制の整備が進まず、身分上の処遇についても不安定であり、病院の医療体制ともなじまないなどの理由で、インターンたちに不満が高まり、反対運動が激化したので、結局1968年に廃止された。現在ではインターン制度にかわるものとして医師臨床研修制度がある。この制度は2004年(平成16)に導入された。内容は医師なら誰でも救命処置をはじめ、幅広い臨床能力をつけるべきだという理念のもと、2年間の研修が義務づけられた。しかし現実的には医療現場が混乱するなど多くの問題が報告されており、2010年には制度の見直しが行われることになっている。
 アメリカでは、医学校卒業後に国家試験を受けて、1~2年のインターンを終えてから、より専門的な研修を行うレジデント(病棟医)生活を数年送り、専門医試験を受けて専門医になるコースが一般的である。インターンとは、内にいる者、つまり住み込みを意味する。また、インターンはフランス語読みではアンテルヌというが、かつてフランスでは、医学校に入学後2年目にインターンの選抜試験があり、合格者は給与を受けながら入院患者の診療にあたり、学習することができた。それ以外の医学生はエキステルヌとよばれ、講義だけで卒業するので、両者の間では力量に大きな差がつくこととなった。ただし、現在は医学生すべてが病院実習を受けられる。[中川米造・中川 晶]

美容師・理容師のインターン

美容師、理容師になろうとする者にもインターンの制度が設けられていた。厚生大臣(現厚生労働大臣)の指定した養成施設において、所定の教育課程を修了した者は、インターン(実地修練)を行うことができ、インターンを行おうとする場合には、美容所(理容所)の所在地の保健所長を経由して、都道府県知事に届け出ることとなっていた。インターンには1年を必要とし、修練日数は280日以上が基準とされ、定められた期間のインターンを修了した者は、都道府県知事の行う美容師(理容師)国家試験を受けることができた。しかし、1998年(平成10)4月1日より美容師(理容師)法改正に基づき、養成施設(理容・美容学校など)が一年制から二年制へと移行した結果、国家試験は在学中に受験し、卒業後に厚生労働大臣より免許が交付されることとなり、インターン制度は、経過措置を経たのち、2002年3月31日をもって廃止されることとなった。[横田富佐子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

インターンの関連情報