コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドネシア独立運動 インドネシアどくりつうんどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドネシア独立運動
インドネシアどくりつうんどう

インドネシアの独立を目指した民族運動。運動が起ったのはオランダの植民開始後 300年あまりを経た 1910年代であった。 1926年にはインドネシア共産党の蜂起があったがオランダに弾圧され,インドネシアのナショナリズムの主要潮流である近代イスラム主義,マルクス主義,西欧化されたインテリ・グループなどを統合しうる指導者のいないまま,42年には南進する日本軍の占領下におかれた。日本軍政下の独立運動はスカルノ,M.ハッタの率いる民族運動と S.シャフリルらの指導する地下抵抗運動の2面で展開された。戦局の悪化は日本によるインドネシア独立容認宣言をもたらし,「独立準備委員会」が組織されたが,独立を実現しないうちに日本は降伏した。スカルノらは慎重論を唱えたが高揚する民族独立の機運に押され,45年8月 17日インドネシアの独立を宣言した。しかしこれはオランダの承認するところとならず,以後4年にわたる独立闘争に突入した。共和国は植民地復活を目指すオランダとだけでなく,連邦国家主義者や政権奪取を目指す共産主義者など国内の敵とも戦わなければならなかった。オランダは 47,48年の2度にわたり大規模な軍事行動に訴えたが,国連の介入によって 49年 11月ハーグ協定が成立し,インドネシア連邦共和国が誕生した。しかしスカルノらは,連邦制はオランダの「分割して支配する方式」の産物であるとして 50年8月には一方的に連邦制を廃し,インドネシアを単一共和国に生れ変らせることに成功,独立運動に一応の終止符をうった。しかし西ニューギニア (西イリアン) は依然としてオランダの主権下におかれたため,旧オランダ領東インドの完全独立という宿願はそれを併合した 69年7月ようやく達成された。 (→パンチャ・シラ , リンガジャチ協定 , レンビル協定 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

インドネシア独立運動の関連キーワード総山 孝雄総山孝雄島小太郎

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android