コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インドリ Indri indri; indri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インドリ
Indri indri; indri

霊長目インドリ科。マダガスカル島に固有で,熱帯降雨林にすむ。キツネザル近縁の原始的なサルで,体長 85~90cm,尾長 3cm。体色は通常黒色で,頭,喉,前腕,尻の部分は白い。後肢前肢よりも著しく長く,耳介には毛の総があり,鼻先も長い。親指は大きく,他の指に対向し,垂直な木の幹を登るのに適している。夜行性木の実や果実などを食べ,家族単位で生活する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

インドリ【indri】

マダガスカル島に固有の原猿の1種で,シファカアバヒとともに霊長目インドリ科を構成する(イラスト)。インドリの名は,フランスの博物学者ソンヌラPierre Sonnerat(1748‐1814)が,このサルに出会ったとき,現地人が“ごらんなさい”という意味で“インドリ”と叫んだのをこの動物の名と思い込んだことによる。現地名はbabakotouなど。原猿類の中では最大で,頭胴長が70cmある。尾はほとんどないに等しく3cmほどである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

インドリ【indri】

インドリ科の原猿。頭胴長60~70センチメートルと大形で、白色と黒色のまだら模様をもつ。マダガスカル島にのみ分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドリ
いんどり
indriindris
[学]Indri indri

哺乳(ほにゅう)綱霊長目インドリ科の動物。1属1種の原猿。マダガスカル島の固有種で、東部の多雨林にすむ。原猿のなかでもっとも大きく、頭胴長60センチメートル以上にも達する。同科のシファカに似るが、尾が約3センチメートルしかなく、鼻口部が長い。絹毛が密生し、黒褐色と灰白色のまだら模様であるが、部位ごとの配色には個体差がある。後肢は大きくて前肢より長く、第1指に対向性がある。歯式は

で30本。喉頭(こうとう)部に気嚢(きのう)がある。昼行性で家族的な群れをつくり、縄張りがある。主食は葉で、花や果実も食べる。樹上性で体軸を垂直に保った姿勢で幹にしがみつき、後肢のばねを利用して幹から幹へ跳び移る。よく通る不気味な声を発する。[上原重男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

インドリの関連キーワードマンタディアアンダシベ国立公園イソインドリノン顔料ジュリアン ムーアブラインドリバーザハメナ国立公園ベローシファカインドール酢酸トリプタミンストーカートルストイ菅沢 重彦根(仏教)飯島杏子六根清浄菅沢重彦ラクタムイサチン平づめ奇蹄類種播き

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android