コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イン・メモリアム イン・メモリアム In Memoriam A. H. H.

2件 の用語解説(イン・メモリアムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イン・メモリアム
イン・メモリアム
In Memoriam A. H. H.

イギリスの詩人 A.テニソンの詩。「A. H. H.を記念して」の意味。 1833年から執筆,50年完成,同年刊。 33年 22歳でウィーンに客死した親友 A. H.ハラムの死をいたみ,亡き友に対する愛惜の情の変化を,長い期間にわたって歌った追悼詩の連作である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イン・メモリアム
いんめもりあむ
In Memoriam A. H. H.

イギリスの詩人テニソンの長詩。1850年刊。1833年に22歳で夭折(ようせつ)した友人A・H・ハラムArthur Henry Hallam(1811―1833)を追憶して、折に触れ書きつづった多くの短い叙情詩を、のちに一つの長詩にまとめたもの。詩人の魂が最初の悲哀と絶望から徐々に抜け出して人間の永生を信じ、友の魂との交わりを経て、幸福と希望と神の愛への信仰に導かれるという「魂の経路」を描く。各節では折々の思考や感情がときに彼特有の自然描写と結び付き、全体として美しい霊魂不滅の歌となっている。[戸田 基]
『入江直祐訳『イン・メモリアム』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イン・メモリアムの関連キーワードエンプソンテニソンバリェインクラン無韻の詩ルバイヤート水鳥へ森の聖歌海の交響曲イン・メモリアムフレノ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone