コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルシュテッター Willstätter, Richard Martin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルシュテッター
Willstätter, Richard Martin

[生]1872.8.13. カルルスルーエ
[没]1942.8.3. ロカルノ
ドイツの有機化学者。 1894年ミュンヘン大学で学位取得後,チューリヒ大学教授 (1905) ,ベルリン大学教授 (12) ,カイザー・ウィルヘルム化学研究所所長 (12) ,ミュンヘン大学教授 (16) 。反ユダヤ主義に抗議して辞職 (24) したが,個人的に研究を続け,スイスに亡命 (39) 。アトロピン,コカインなどのアルカロイド,アントシアン類の研究をはじめ,炭素同化作用 (光合成) の研究,酵素の研究,とりわけカルボヒドラーゼ,プロテアーゼ,リパーゼなどの定量,濃縮分離が知られる。最も重要なのは,葉緑素をはじめとする植物色素の結晶構造研究である。 1915年ノーベル化学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ウィルシュテッター

ドイツの生化学者。ミュンヘン大学で学び,のちチューリヒ,ベルリン大学などの教授を歴任。その間,カイザー・ウィルヘルム研究所有機化学部長を兼任アルカロイド,植物色素,酵素の研究に従事。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ウィルシュテッター【Richard Martin Willstätter】

1872~1942) ドイツ生まれのスイスの化学者。クロロフィルやアントシアン類の研究で知られる。光合成や酵素に関する業績もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィルシュテッター
うぃるしゅてったー
Richard Martin Willsttter
(1872―1942)

ドイツの有機化学者。カールスルーエに生まれ、スイスのロカルノで死去。ミュンヘン大学、チューリヒ大学などの教授を経て、1912年にベルリン大学教授。同時に同年創設されたカイザー・ウィルヘルム化学研究所(現、マックス・プランク研究所)所長となった。3年後ミュンヘン大学に戻ったが、ドイツの反ユダヤ主義に抗議して同大学教授を辞職し、私設の研究室で仕事を続け、1939年にスイスのロカルノに亡命した。有機物のなかで生理的活性のあるアルカロイド類や生物色素のアントシアン類の研究を行ったが、のちに植物の緑色色素クロロフィル(葉緑素)の研究に進み、初めてその結晶を得ることに成功し、化学構造を決定した。この研究はシュトルA. Stoll(1887―1971)との共著『クロロフィルの研究』Untersuchungen ber Chlorophyll(1913)に集大成され、1915年にノーベル化学賞を授与された。彼の提出したクロロフィル構造式はその後1930年代になってH・フィッシャーによって訂正されたが、基本的な骨格は変わっていない。
 この研究を基礎にして、クロロフィルが機能している植物の炭酸同化作用(光合成)の研究に進み、1918年にシュトルと共著の『炭酸同化作用の研究』Untersuchungen ber Assimilation der Kohlensureを出し、そのメカニズムについての仮説を提出した。光合成に関する初期の代表的な研究者の一人である。別に『酵素に関する研究』Untersuchungen ber Enzyme2巻(1928)がある。[宇佐美正一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウィルシュテッターの関連キーワードクーン(Richard Kuhn)真島利行(まじまりこう)シクロオクタテトラエンカルボヒドラーゼウィーラントプロテアーゼ炭素同化作用亀高 徳平アトロピンウレアーゼ朝比奈泰彦プロリン亀高徳平バイヤー真島利行クーン光合成

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android