コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンデルバント ウィンデルバント Windelband, Wilhelm

6件 の用語解説(ウィンデルバントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンデルバント
ウィンデルバント
Windelband, Wilhelm

[生]1848.5.11.
[没]1915.10.22.
ドイツの哲学者,哲学史家。新カント派の西南学派 (バーデン学派) の中心人物。 R.H.ロッツェと K.フィッシャーに学び,チューリヒフライブルクシュトラスブルクハイデルベルク各大学教授を歴任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウィンデルバント(Wilhelm Windelband)

[1848~1915]ドイツの哲学者・哲学史家。カント批判哲学を発展させ、新カント学派の中の西南ドイツ学派の創始者となった。著「近世哲学史」「哲学概論」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウィンデルバント

ドイツの哲学者,哲学史家。新カント学派西南ドイツ学派(バーデン学派)の創始者として影響力をもち,日本においても明治末〜大正期に〈新理想主義の哲学〉としてもてはやされた。
→関連項目価値哲学朝永三十郎リッケルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンデルバント【Wilhelm Windelband】

1848‐1915
ドイツの哲学者で新カント学派の一つである西南ドイツ学派(バーデン学派)の創始者。哲学史をはじめて問題史的に扱った哲学史家としても著名である。彼はカントの哲学を文化価値の哲学としてとらえた。彼によれば,哲学は実証科学のように事実を明らかにしようとするものではなく,事実としての思考や行為が正しい妥当なものであるために従わなければならない基準としての普遍妥当的な価値を明らかにする学問なのであり,こうした価値として学問,道徳,芸術,宗教を可能にする真,善,美,聖の文化価値が考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウィンデルバント【Wilhelm Windelband】

1848~1915) ドイツの哲学者。西南ドイツ学派の創始者の一人。哲学史を初めて問題史的に扱う一方、学問を法則定立的な法則学である自然科学と、個性記述的事件学である歴史科学とに分け、史学方法論の基礎づけを行なった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンデルバント
うぃんでるばんと
Wilhelm Windelband
(1848―1915)

ドイツの哲学者、哲学史家。ポツダムに生まれ、イエナベルリンなどの大学で学び、チューリヒ、フライブルク、シュトラスブルク、ハイデルベルク各大学の教授を務めた。哲学史家としては、各個人の思想の記述を中心とする従来の方法に対して、哲学的問題や概念の歴史的展開の諸相を重視する方法をとり、かといってヘーゲル流の観念的構成に流れぬ、真に学問的な哲学史の構築を目ざし大きな業績をあげた。これは、新カント学派中、西南ドイツ学派の代表者として、19世紀後半以来の唯物論、実証主義に対抗する彼の文化哲学者、価値哲学者としての仕事と表裏一体の関係にある。すなわち、彼は、「カントを理解することは彼を超えることである」として、従来の自然科学とその批判的基礎づけという側面に偏ったカント理解に対して、歴史や文化を対象とする「精神科学」を視野のうちに取り入れ、両科学を対象と方法の側面で批判的に位置づける形で、カントの発展的継承を試みる。自然科学は法則定立的な法則学であるのに対し、精神科学は個性記述的なできごとの学にほかならないとする彼の考えには、価値や人格の自由にかかわる事柄を時代の学的状況に即して位置づけようとする姿勢が示されている。主著に『哲学史教本』『歴史と自然科学』『哲学概論』などがある。[坂部 恵]
『清水清訳『哲学概論』(1960・玉川大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィンデルバントの関連キーワードカント学派西南ドイツ学派トレルチナトルプ文化哲学マールブルク学派リッケルト価値哲学新カント学派フォイエルバッハ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone