コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィンデルバント Windelband, Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィンデルバント
Windelband, Wilhelm

[生]1848.5.11.
[没]1915.10.22.
ドイツの哲学者哲学史家。新カント派の西南学派 (バーデン学派) の中心人物。 R.H.ロッツェと K.フィッシャーに学び,チューリヒ,フライブルク,シュトラスブルク,ハイデルベルク各大学教授を歴任。彼の哲学はカントの批判主義から出発した価値の批判哲学であるが,学問を法則定立的 (自然科学) と個性記述的 (歴史科学ないし文化科学) とに分け,歴史科学の基礎づけを試みた。主著『西洋近世哲学史』 Geschichte der neueren Philosophie (1878~80) ,『哲学概論』 Einleitung in die Philosophie (1914) ,『プレルーディエン』 Präludien (26~27) ,『一般哲学史』 Lehrbuch der Geschichte der Philosophie (32~33) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ウィンデルバント

ドイツの哲学者,哲学史家。新カント学派の西南ドイツ学派(バーデン学派)の創始者として影響力をもち,日本においても明治末〜大正期に〈新理想主義の哲学〉としてもてはやされた。
→関連項目価値哲学朝永三十郎リッケルト

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウィンデルバント【Wilhelm Windelband】

1848‐1915
ドイツの哲学者で新カント学派の一つである西南ドイツ学派(バーデン学派)の創始者。哲学史をはじめて問題史的に扱った哲学史家としても著名である。彼はカントの哲学を文化価値の哲学としてとらえた。彼によれば,哲学は実証科学のように事実を明らかにしようとするものではなく,事実としての思考や行為が正しい妥当なものであるために従わなければならない基準としての普遍妥当的な価値を明らかにする学問なのであり,こうした価値として学問,道徳,芸術,宗教を可能にする真,善,美,聖の文化価値が考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ウィンデルバント【Wilhelm Windelband】

1848~1915) ドイツの哲学者。西南ドイツ学派の創始者の一人。哲学史を初めて問題史的に扱う一方、学問を法則定立的な法則学である自然科学と、個性記述的事件学である歴史科学とに分け、史学方法論の基礎づけを行なった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィンデルバント
うぃんでるばんと
Wilhelm Windelband
(1848―1915)

ドイツの哲学者、哲学史家。ポツダムに生まれ、イエナ、ベルリンなどの大学で学び、チューリヒ、フライブルク、シュトラスブルク、ハイデルベルク各大学の教授を務めた。哲学史家としては、各個人の思想の記述を中心とする従来の方法に対して、哲学的問題や概念の歴史的展開の諸相を重視する方法をとり、かといってヘーゲル流の観念的構成に流れぬ、真に学問的な哲学史の構築を目ざし大きな業績をあげた。これは、新カント学派中、西南ドイツ学派の代表者として、19世紀後半以来の唯物論、実証主義に対抗する彼の文化哲学者、価値哲学者としての仕事と表裏一体の関係にある。すなわち、彼は、「カントを理解することは彼を超えることである」として、従来の自然科学とその批判的基礎づけという側面に偏ったカント理解に対して、歴史や文化を対象とする「精神科学」を視野のうちに取り入れ、両科学を対象と方法の側面で批判的に位置づける形で、カントの発展的継承を試みる。自然科学は法則定立的な法則学であるのに対し、精神科学は個性記述的なできごとの学にほかならないとする彼の考えには、価値や人格の自由にかかわる事柄を時代の学的状況に即して位置づけようとする姿勢が示されている。主著に『哲学史教本』『歴史と自然科学』『哲学概論』などがある。[坂部 恵]
『清水清訳『哲学概論』(1960・玉川大学出版部)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウィンデルバントの関連キーワードフィッシャー(Kuno Fischer)ラスク(Emil Lask)ヴィンデルバントH. リッケルト新ヘーゲル学派アベナリウスハイムゼートイェリネック宗教道徳説科学哲学規範意識ラスク価値論宇宙

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android