ウィーヘルト(英語表記)Wiechert, Ernst

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィーヘルト
Wiechert, Ernst

[生]1887.5.18. 東プロシア,クラインオルト
[没]1950.8.24. スイス,ユリコン
ドイツの作家。ケーニヒスベルク大学を卒業後,第1次世界大戦に従軍,負傷して退役したのち,教職につきながら創作を開始。『逃走』 Die Flucht (1916) ,『森林』 Der Wald (22) ,『神の僕アンドレアス・ニーラント』 Der Knecht Gottes Andreas Nyland (26) ,『イェーダーマン』 Jedermann (32) などの小説を発表。 1933年に教職を去ってバイエルンに移住。ミュンヘン大学で2度にわたる講演『詩人と青年』 Der Dichter und die Jugend (33) ,『詩人とその時代』 Der Dichter und seine Zeit (36) を行い,権力妄想,ユダヤ人排斥に抗する態度を示し,38年にはこれらの言動がもとでナチスに逮捕され,ブーヘンワルト強制収容所に4ヵ月間拘禁された。釈放後この体験をひそかに小説『死者の森』 Der Totenwaldにまとめ,第2次世界大戦の終結直後に発表 (45) 。主著『ユルゲン・ドスコチルの女中』 Die Magd des Jürgen Doskocil (32) ,『少佐夫人』 Die Majorin (34) ,『単純な生活』 Das einfache Leben (39) ,『イェローミンの子ら』 Die Jerominskinder (2巻,45,47) ,『無名のミサ』 Missa sine nomine (50) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android