コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィーンの変位則 ウィーンノヘンイソク

5件 の用語解説(ウィーンの変位則の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ウィーン‐の‐へんいそく〔‐ヘンヰソク〕【ウィーンの変位則】

1893年にドイツ物理学者ウィーンが発見した、黒体からの熱放射(黒体放射)に関する法則。黒体の絶対温度をTケルビン、放射のエネルギー密度が最大になる波長をλ(ラムダ)メートルとすると、λT=0.002898という関係式で表され、λはTに反比例することを示した。ウィーンの公式

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウィーンの変位則【ウィーンのへんいそく】

いろいろな温度の黒体が放出する放射エネルギースペクトル分布をとってみると,その極大値に相当する波長λ(/m)は黒体の絶対温度Tに反比例し,λ(/m)T=一定(0.287cm・K)になるという法則。
→関連項目空洞放射黒体放射シュテファン=ボルツマンの法則

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウィーンのへんいそく【ウィーンの変位則 Wien’s displacement law】

物体の温度をあげていくと(暗いところで見れば600℃くらいから)鈍い赤色に光り始め,やがて青白色を呈し,ついには白熱化する。これは,物体の放射する光の波長が温度の上昇につれて短いほうに変位していくためである。とくに黒体からの放射ないしは空洞放射では簡明な法則性があり,絶対温度Tの熱平衡状態では,(放射の単位体積につき)各波長λに対して単位波長幅当りの放射エネルギー(スペクトル密度)uT(λ)が最大となる波長λmTに反比例し,λmT=一定となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウィーンのへんいそく【ウィーンの変位則】

黒体放射の光のスペクトルで、強度が最大の波長と黒体の絶対温度との積は一定、という法則。最大強度の波長の温度によるずれを示し、高温の測定に利用される。1893年、ウィーンが理論的な説明を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウィーンの変位則
うぃーんのへんいそく
Wien's displacement law

絶対温度Tの黒体から放射される、エネルギー密度が最大になる波長(λmax)が、Tに反比例するという法則。1893年にウィーンが熱力学をもとに導いた。絶対温度をT(K)、放射エネルギー密度が最大になる波長をλmax(センチメートル)とすると

と表される。0.2898は比例定数である。
 このことから、放射されるエネルギー密度が最大になる波長を測定することにより、その物体の温度が判明する。直接に温度を測定することができない場合、たとえば、溶鉱炉などの高温の物体の温度を正確に測定する際に重要な方法である。温度が高くなるほど放射される波長は短くなり、太陽表面温度(約5780K)では500ナノメートルになる。[山本将史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィーンの変位則の関連キーワード液化乾湿球湿度計放射温度計冷凍サイクル露点世を挙げて熱膨張率恒温器ネール温度表面温度計

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウィーンの変位則の関連情報