コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウイキョウ(茴香) ウイキョウFoeniculum vulgare Mill.

世界大百科事典 第2版の解説

ウイキョウ【ウイキョウ(茴香) Foeniculum vulgare Mill.】

フェンネルfennelともいう(イラスト)。セリ科の多年草。草高1~2mになり,は糸のように細く分かれ,鮮緑色で軟らかい。夏に頂や茎の上部の葉のつけねから花枝を出し,多数の黄色い小さな花を,傘形につける。果実は長さ7~10mmの長楕円形で,1本の柄に2個が互いに平らな面を合わせ,対になってつく。秋に果実は茶褐色に熟し,地上の茎や葉は霜にあうと枯れる。南ヨーロッパから西アジア地域の原産。今では世界中で栽培されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android