コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アネトール アネトール 〈ドイツ〉Anethol

4件 の用語解説(アネトールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アネトール(〈ドイツ〉Anethol)

大茴香油(だいういきょうゆ)アニス油などの精油中に含まれている香料成分。香料・健胃剤・去痰(きょたん)剤などに用いる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

アネトール

 C10H12O (mw148.21).

 アニススターアニスウイキョウなどの精油の主成分アーモンド油の香味成分でもある(構造式は22ページ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アネトール【anethole】

アニス油,ウイキョウ油の主成分で,芳香のある無色の液体。p‐プロペニルアニソールにあたる。融点22.5℃,沸点235℃。水に微溶,ベンゼン,二硫化炭素,クロロホルムには可溶。二重結合に臭素を付加したジブロマイドは針状結晶で,融点67℃。酸化によりアニスアルデヒドが得られることから,その原料としても用いられる。水酸化カリウムと熱すればアノールHOC6H4CH=CHCH3を生成する。食品用香料,駆風剤,防腐剤,リグニンの試薬として用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アネトール
あねとーる
anethole

アニス特有の香味を有する無色の液体。化学的にはp(パラ)-プロペニルフェニルメチルエーテルとよぶ。冷時固化する。スターアニス油(大茴香油(だいういきょうゆ))中に多く存在し、この精油を冷却して結晶を分離するか、分留により製造する。また、アニスアルデヒドと臭化エチルマグネシウムとを反応させ、生成物を脱水させて合成する。食品、菓子の香味づけとして多量に用いられる。
 香辛料の成分として、とくにアニス特有の甘い香りはこの成分による。せっけん香料、口腔(こうくう)剤、リキュールにも使用する。[佐藤菊正・河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアネトールの言及

【ウイキョウ(茴香)】より

…【星川 清親】
[薬用]
 果実もウイキョウという。精油を含み,その主成分はアネトールanetholeで,その他種々のモノテルペンからなる。そのほかに脂肪油を含む。…

【ウイキョウ(茴香)】より

…【星川 清親】
[薬用]
 果実もウイキョウという。精油を含み,その主成分はアネトールanetholeで,その他種々のモノテルペンからなる。そのほかに脂肪油を含む。…

※「アネトール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アネトールの関連キーワード主成分分析アニス油茴香精茴香油主成分八角境域大茴香油スターアニス油デシルアルコール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone