コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェスターマーク ウェスターマーク Westermarck, Edward Alexander

6件 の用語解説(ウェスターマークの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェスターマーク
ウェスターマーク
Westermarck, Edward Alexander

[生]1862.11.20. ヘルシンキ
[没]1939.9.3. ラピンラティ
フィンランドの社会学者,社会人類学者。人類の婚姻,婚姻史研究に著名な業績を示した。 1887年ロンドンに渡り,大英博物館の図書室にて婚姻史の資料収集にあたり,4年後の 91年には早くも代表的著作『人類婚姻史』 The History of Human Marriageを著わす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ウェスターマーク(Edward Alexander Westermarck)

[1862~1939]英国の社会学者。フィンランド生まれ。原始社会、特に婚姻・家族制度・道徳などの研究によって知られる。著「人類婚姻史」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ウェスターマーク

フィンランド生れの社会学者。英国で活躍し,1907年―1930年ロンドン大学教授。教えを受けたものにはマリノフスキーらがいる。婚姻制度比較研究し,類人猿の観察から,L.H.モーガンらの原始乱婚説,母系先行説に反対,原始一夫一婦制を主張した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ウェスターマーク【Edward Alexander Westermarck】

1862‐1939
フィンランドの人類学者,社会学者。フィンランド大学(現,ヘルシンキ大学)で1890年に学位を取り,母校のほかロンドン大学の教授を務め,B.マリノフスキー,M.ギンズバーグなどもその教えを受けた。彼の業績には,倫理の相対性を説いた道徳哲学もあるが,むしろ婚姻の比較研究が有名である。L.H.モーガンら19世紀の進化主義者の乱婚説や母系先行説を退け,類人猿の観察などから,原始一夫一婦制を主張した。このように現代からみても穏当な見方をとるにいたったのは,豊富な文献資料の利用のほか,宣教師などにアンケートを依頼したり,みずからモロッコで9年間にわたる調査を行うなど,19世紀の多くの人類学者が安楽椅子に座りながら学説を考え出したのとは異なる実証的志向をもっていたためと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ウェスターマーク【Edward Alexander Westermarck】

1862~1939) フィンランドの社会学者・人類学者。婚姻・家族に関する研究を行い、原始乱婚制説を否定、原始一夫一婦制を主張。主著「人類婚姻史」「道徳理念の起源と発展」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェスターマーク
うぇすたーまーく
Edward Alexander Westermarck
(1862―1939)

フィンランド生まれの社会学者、人類学者。フィンランド大学で最初、哲学を学んだが、のちに社会学、人類学に学問的関心を移した。ヘルシンキ大学の社会学教授を経て、イギリスに渡り、ロンドン大学社会学教授の職につき、晩年までの研究生活をそこで過ごした。イギリスに移る決意をしたのはダーウィンの著書の影響によるものと考えられている。代表的著書としては『人類婚姻史』The History of Human Marriage(1891)がある。本書で豊富な資料を縦横に駆使し、帰約的方法を用いて、人類社会の家族史・婚姻史を再構成しており、L・H・モルガンらの進化主義者が主張する原始乱婚説や母系氏族先行説に反対する立場を明らかにした。そのほかの著作としては『道徳理念の起源と発展』The Origin and Development of the Moral Ideas(1906~1908)が有名である。[野口武徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウェスターマークの関連キーワードバフィン島フィン人フィンランディアフィン級パラフィンランプサーフィンライフフィンランド・サンタクロースマラソンフィンランドバスソークフィンランド放送交響楽団ママとボクのフィンランドバス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone