コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウェッセル ウェッセルWessel, Johan Herman

3件 の用語解説(ウェッセルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウェッセル
ウェッセル
Wessel, Johan Herman

[生]1742.10.6. ベストビー, ヨンスルード
[没]1785.12.29. コペンハーゲン
ノルウェー生れのデンマークの作家。コペンハーゲン大学を出て,長らく教職についた。当時デンマーク治下にあったノルウェー人の自覚を促すため,古い祖国の文化を慕う同志とともに「ノルウェー協会」を設立 (1772) ,指導的役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ウェッセル
ウェッセル
Wessel, Johann

[生]1419. フローニンゲン
[没]1489.10.4. フローニンゲン
オランダの神学者。別名ガンスフォルト。デーフェンテルの共同生活兄弟団で学び,ハイデルベルク大学およびパリ大学で教えた。トミスト (→トミズム ) として出発し,アウグスチヌス主義へと転向し,それにオッカム唯名論を加え,さらに唯名論と神秘主義との結合をはかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウェッセル
うぇっせる
Johan Herman Wessel
(1742―1785)

ノルウェーの詩人。デンマークのコペンハーゲン大学に学び、その地でおもに生活し、鋭い風刺をもつ散文『地主、犬殺し、鍛冶(かじ)屋およびパン屋』や、気のきいた風刺喜劇『靴下なしの恋愛』(1772)で文名をあげた。当時まだデンマークの統治下にあった祖国の復興を念願し、まずコペンハーゲンに「ノルウェー協会」を設立、初めは友人らとノルウェー文化の振興を語り合うだけの文化運動だったが、しだいにそれが祖国独立を求める気運を呼び起こし、後の独立の先駆をなした。概して寡作だったが、人間の愚かさをえぐるきびきびした筆致、厳しい批判精神は、いまも国民をひきつけている。詩もかなり残っている。[山室 静]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ウェッセルの関連キーワード白河藩セルシウス度助産所火罪紀海音公事方御定書毛抜蓑庵セ氏温度

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ウェッセルの関連情報