コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミウチワ(海団扇) ウミウチワPadina arborescens

3件 の用語解説(ウミウチワ(海団扇)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウミウチワ(海団扇)
ウミウチワ
Padina arborescens

褐藻類アミジグサ目アミジグサ科の海藻。藻体は葉状,革質で厚く,扇形,同心円状に筋が入っている。古くなると縦に裂ける。低潮線に近いタイドプールに群生する。この藻の表面には種々の藻が着生する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウミウチワ【ウミウチワ(海団扇) Padina arborescens Holm.】

団扇を思わせる形状のアミジグサ科の褐藻で,タイドプール中によく群生する(イラスト)。体の大きさは10~20cmになり,黄色を呈する。縁辺の細胞がいっせいに分裂しながら生長するので,体には同心円状の生長線が見られる。体には表と裏があり,生殖器官は裏側にできる。藻体には外見上区別のつかない雌雄の単相の配偶体と複相の胞子体とがあり,配偶体には生卵器と造精器,胞子体には四分胞子囊がつくられる。受精卵は発芽すると複相の胞子体になり,ここに減数分裂によってつくられた四分胞子が発芽すると単相の配偶体となる。

ウミウチワ【ウミウチワ(海団扇) sea‐fan】

花虫綱トゲヤギ科の腔腸動物(刺胞動物)。紀伊半島以南のやや深い海底に分布し,枝が一平面に広がって扇状の群体をつくる。不規則に分岐した枝は交差して癒着し,網状になり,大きなものでは高さが1mにもなる。骨軸は黒い角質で,表面には細かい縦線が走る。ポリプは直径1mmくらいで枝の全面に不規則に分布するが,とくに枝の末端では密集する。共肉は比較的厚い。通常外皮下には多毛類のシリス科の1種が共生している。しばしば海岸に打ち上げられたり,漁網にかかったりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone