コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウミホタル(海蛍) ウミホタル Vargula hilgendorfii

1件 の用語解説(ウミホタル(海蛍)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ウミホタル【ウミホタル(海蛍) Vargula hilgendorfii】

二枚貝状の殻をもった発光性の貝虫(介形)亜綱ウミホタル科の小型甲殻類(イラスト)。体長3mmくらい。体は両側から卵形貝殻状をしたキチン質乳白色の背甲で完全に包まれている。左右の殻は閉殻筋と背面のちょうつがいとによって結ばれ,前縁に触角を出す深い切れ込みがある。複眼をもつ。雌雄異体。上唇の腺から分泌される発光物質は,刺激によって海水中に放出され発光する。日本の太平洋沿岸では夏から秋にかけて多産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のウミホタル(海蛍)の言及

【生物発光】より

…発光バクテリアの発光反応はホタルのそれより複雑である。ウミホタルとホタルの発光反応は概略次のように示される。 植物で発光するものは少ないが菌類,細菌類などの一部にみられる。…

※「ウミホタル(海蛍)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ウミホタル(海蛍)の関連キーワードグロビゲリナ靭帯閉殻筋赤貝海蛍貝状形二枚貝星砂片し貝剥き身

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone