コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジロ(裏白) ウラジロGleichenia japonica

2件 の用語解説(ウラジロ(裏白)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジロ(裏白)
ウラジロ
Gleichenia japonica

ウラジロ科の常緑性シダ植物東北地方南部から東南アジアにかけて広く分布する。暖地の日当りのよい乾いた斜面などに群落をつくる。根茎は長く,まばらに分枝し,葉をつける。葉柄は太くて硬い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウラジロ【ウラジロ(裏白) Gleichenia japonica Spr.】

日当りのよい,山地の乾燥した斜面に群落をつくることの多いシダ植物(イラスト)。ウラジロ科の常緑性草本。根茎は地中をはい,鱗片をつける。暖地のものでは,葉は数対の羽片を出し,2mを超すこともあるが,本州中部では,羽片がせいぜい2~3対の個体からなる群落も多い。羽片の形は長楕円状披針形,2回羽状に深裂する。葉の裏面には脱落性の星状毛があり,蠟がたまって白くなるのでウラジロ(裏白)の名がついた。胞子囊群には2~4個の大きな胞子囊があり,包膜はないが側糸がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone