コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウラジロ(裏白) ウラジロGleichenia japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウラジロ(裏白)
ウラジロ
Gleichenia japonica

ウラジロ科の常緑性シダ植物。東北地方南部から東南アジアにかけて広く分布する。暖地の日当りのよい乾いた斜面などに群落をつくる。根茎は長く,まばらに分枝し,葉をつける。葉柄は太くて硬い。葉身は葉柄の上端で左右1対の羽片に分れる。分岐点には鱗片におおわれた芽があり,毎年発達して1対ずつ羽片をつくる。暖地でよく発達した葉は4~5枚の羽片から成り,高さ 2m以上に及ぶ。羽片は披針形で,長さ 50~100cm,幅 20~30cm,上面はつやのある緑色で,裏面は白色。羽片はさらに2回羽状に深く裂ける。葉を新年の飾りに使い,また葉柄は箸,盆,籠などの細工に用いる。和名ウラジロは葉の裏面が白いことによる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウラジロ【ウラジロ(裏白) Gleichenia japonica Spr.】

日当りのよい,山地の乾燥した斜面に群落をつくることの多いシダ植物(イラスト)。ウラジロ科の常緑性草本。根茎は地中をはい,鱗片をつける。暖地のものでは,葉は数対の羽片を出し,2mを超すこともあるが,本州中部では,羽片がせいぜい2~3対の個体からなる群落も多い。羽片の形は長楕円状披針形,2回羽状に深裂する。葉の裏面には脱落性の星状毛があり,蠟がたまって白くなるのでウラジロ(裏白)の名がついた。胞子囊群には2~4個の大きな胞子囊があり,包膜はないが側糸がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android