ウルグ・ベグ(兀魯伯)(読み)ウルグ・ベグ(英語表記)Ulugh Beg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルグ・ベグ(兀魯伯)
ウルグ・ベグ
Ulugh Beg

[生]1394
[没]1449.10.27. サマルカンド
中央アジアのチムール王家のサマルカンド王 (在位 1447~49) 。チムール (帖木児)の孫。 1409年,父シャー・ルフが帝位についてヘラートを都とし,ウルグ・ベグサマルカンドに封じられて,アムダリアの北の地の統治にあたった。ウルグ・ベグは教養が高く,学問,芸術を保護し,その治下のサマルカンドは西アジアの文化の中心地になった。サマルカンドに天文台を建設し,その編纂になる『ウルグ・ベグの天文表』なるものが伝わっている。 47年の父の死後マーワラー・アンナフルとホラサンとの統一を目指したが失敗し,49年長子アブドゥル・ラティーフに最終的に敗北,その命によって殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android