コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルシオール urushiol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウルシオール
urushiol

化学式 C21H34O2の主成分。炭素原子数 15 個の不飽和側鎖のついた二価フェノールで,側鎖の構造により5種のものが知られている。酸化重合によって堅ろうな被膜をつくる。皮膚に触れるとかぶれを起す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ウルシオール(urushiol)

日本産および中国産の漆の主成分。フェノール誘導体の一。皮膚にかぶれを起こさせる。明治39年(1906)三山喜三郎が命名、真島利行が構造決定。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ウルシオール【urushiol】

ウルシの外皮に切傷をつけ,流出する液,すなわち生漆(きうるし)を精製したもので,日本産ウルシの主成分である。生漆にはそのほかに水,ゴム質,含窒素化合物などが含まれている。粘度の高い淡黄色の液体で,沸点200~210℃(0.4~0.6mmHg)。空気中で黒変し,さらに高粘度になり,やがて凝固する。構造は,側鎖に炭素数15前後の不飽和アルキル基をもつカテコール誘導体で,1922年真島利行によって確認された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ウルシオール【urushiol】

日本産および中国産ウルシの樹皮から滲出する生漆きうるしの主成分。淡黄色の粘りけのある液体。空気中の酸素と結合して黒色の樹脂となる。フェノール誘導体の混合物で、真島利行が確認。皮膚に炎症を起こさせる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウルシオール
うるしおーる
urushiol

ウルシ科の植物、ウルシの木の樹皮から滲出(しんしゅつ)する生漆(きうるし)の主成分。フェノール誘導体の一つで、アルキル基Rが4種類のものの混合物であり、真島利行(まじまりこう)が構造決定と合成による確認をした(1912)。無色の粘稠(ねんちゅう)な液体で、沸点は200~210℃(0.4トル)、比重0.9687。漆が皮膚にかぶれをおこすのはウルシオールがアレルゲンとして作用するもので、接触皮膚炎である。[垣内 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウルシオールの言及

【漆工芸】より

…古代の日本には灰墨を入れた黒漆と天然染料を入れたと思われる透漆があった。漆の化学的分析は1880年ころ,石松決,吉田彦六郎らによって先鞭がつけられたが,三上喜三郎は日本産漆の主成分をウルシオールと命名,真島利行はその化学式C21H32O2を決定し,1924年《漆の研究》にまとめた。戦後の漆の研究は通産省工芸指導所東北支所での研究を経て,電子顕微鏡等による漆特有の耐久性の解明や,赤外線分光器等による古代漆状物質の同定などの研究が進んでいる。…

【有毒植物】より

…コンニャク,キーウィフルーツでも同じ現象がみられるが,原因をシュウ酸カルシウムだけとする説には疑問がある。ウルシ,ハゼノキ,ヌルデ,マンゴーなどウルシ科植物による強いアレルギー性皮膚炎の原因は含有成分のウルシオールにある。イチョウの果肉(種皮)や葉に含まれるギンゴール酸も皮膚炎をおこす。…

※「ウルシオール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ウルシオールの関連キーワードポリフェノールオキシダーゼ真島利行(まじまりこう)日本科学史(年表)カシュー樹脂塗料カシューワニスうるしかぶれウルシ(漆)神経皮膚炎日本科学史ラッカーゼ真島 利行ラッコール混合物樹液漆瘡塗料

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウルシオールの関連情報