コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルミエ[湖](読み)ウルミエ

百科事典マイペディアの解説

ウルミエ[湖]【ウルミエ】

イラン北西部,アゼルバイジャン地方の塩湖。レザーイエ湖とも。平均面積5585km2(季節により水位が変化する)。排水河川がなく,塩分が多く魚類の生育に適さない。水深は平均8m。南部に約50の岩島がある。
→関連項目アゼルバイジャン(地方)ウルミエ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のウルミエ[湖]の言及

【アゼルバイジャン】より

… 一方,イラン領アゼルバイジャンは,北はアゼルバイジャン,アルメニア両共和国,西はトルコとイラク,南と東はギラン,ケルマンシャーハン両州とクルディスターンの諸州に接する。地形的には西のウルミエ(レザーイエ)湖周辺と東のカスピ海岸,その間の高原地域に三分され,高原地域にはサバラン山(4811m),サハンド山(3700m)などの高山がそびえている。年降水量は250~850mm程度。…

【アニマル・スタイル】より

… このような意匠の原郷については,シベリア,中央アジア,黒海沿岸地方(南ロシア),北イラン,古代オリエントなどの諸説がある。最も有力なのは北イラン説で,ウルミエ湖南東で発見されたジビエ遺宝を重視して,この地の文化と接触したスキタイ民族が創出したとする。しかし,ミュケナイ文化には象牙に浮彫された動物闘争意匠があり,ジビエ遺宝にはフェニキア美術の影響も認められ,起源ははるかにさかのぼる可能性も残っている。…

【ウルミエ】より

…人口39万6000(1994)。イラン最大のウルミエ湖の西岸に位置する(同湖は排水口のない内陸湖のため,季節により面積を異にし,平均湖面面積は6000km2)。標高1337mにあり,近郊オアシス地域で栽培された果物などが集荷される。…

※「ウルミエ[湖]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android