コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルミエ Urmê

百科事典マイペディアの解説

ウルミエ

イラン北西部の都市。オルーミーエとも。標高1332m,ウルミエ湖の近くにあり,肥沃な平原の中心である。灌漑(かんがい)によりブドウなどの果実と良質のタバコを産する。タブリーズから湖岸を巡る道路上にある交通の要地で,空港もある。一時レザーイエと称した。かつてはゾロアスター教の聖地としても有名。66万7499人(2011)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウルミエ【Urūmīye】

イラン北西部,西アゼルバイジャン州州都。人口39万6000(1994)。イラン最大のウルミエ湖の西岸に位置する(同湖は排水口のない内陸湖のため,季節により面積を異にし,平均湖面面積は6000km2)。標高1337mにあり,近郊オアシス地域で栽培された果物などが集荷される。市の住民は,トルコ人クルド族キリスト教徒からなり,かつてはゾロアスター教徒の聖地としても有名であった。市内にはセルジューク朝期に建設された美しい主モスクがあり,教会もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ウルミエの関連キーワードクルディスターンレザーイエ[湖]オルーミーイェ湖ウルミエ[湖]ペルシア帝国マンナイシムコジビエコム

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android