コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウルミエ Urmê

百科事典マイペディアの解説

ウルミエ

イラン北西部の都市。オルーミーエとも。標高1332m,ウルミエ湖の近くにあり,肥沃な平原の中心である。灌漑(かんがい)によりブドウなどの果実と良質のタバコを産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウルミエ【Urūmīye】

イラン北西部,西アゼルバイジャン州州都。人口39万6000(1994)。イラン最大のウルミエ湖の西岸に位置する(同湖は排水口のない内陸湖のため,季節により面積を異にし,平均湖面面積は6000km2)。標高1337mにあり,近郊オアシス地域で栽培された果物などが集荷される。市の住民は,トルコ人クルド族キリスト教徒からなり,かつてはゾロアスター教徒の聖地としても有名であった。市内にはセルジューク朝期に建設された美しい主モスクがあり,教会もある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ウルミエの関連キーワードクルディスターンレザーイエ[湖]オルーミーイェ湖ウルミエ[湖]ペルシア帝国レザーイエマンナイジビエシムココム

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android